ここから本文です

繰延資産と引当金についてわかりやすく教えてください。 いわゆる定義的な説明で...

tk_********さん

2008/6/118:44:20

繰延資産と引当金についてわかりやすく教えてください。
いわゆる定義的な説明ではなくB/S上での数字の変化を例示して
説明して頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

閲覧数:
4,028
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ori********さん

2008/6/122:03:28

繰延資産は、支出したときに、資産として計上し、
毎年決算時に償却することにより、資産を取り崩していきます。

支出時 : (借)創立費5000 (貸)現金預金5000 → 借方なので繰延資産増加
決算時 : (借)創立費償却1000 (貸)創立費1000 → 貸方なので繰延資産減少

償却期間が終わったらすべて無くなるので、それで終わり。

引当金は、決算時に次期に発生する費用をみこして、資産の控除(負債)項目として計上し、
次期に費用となったときに、取り崩します。
そして、また決算になったら、必要な引当金額になるように増減させます。
たとえば貸倒引当金ならば、

貸倒発生時
当期発生の売掛金 : (借)貸倒損失 XXX (貸)売掛金 XXX
_____ → 引当金は前期以前に発生した売掛金のためのものなので、この場合、引当金の増減なし。
前期発生の売掛金 : (借)貸倒引当金 XXX (貸)売掛金 XXX
_____ → 前期に貸倒引当金繰入として費用計上しているので、貸倒損失でなく、引当金を取り崩す。

決算時
引当金を増やす場合 : (借)貸倒引当金繰入XX (貸)貸倒引当金XX
_____ → 当期発生の売掛金により引当金を積みます必要が生じたので、繰入する。(販管費)
引当金を減らす場合 : (借)貸倒引当金XX (貸)貸倒引当金戻入XX
_____ → 前期に繰入た引当金が多すぎて修正する意味合いになるので、特別利益として戻入する。

質問した人からのコメント

2008/6/3 00:55:59

理解りやすい解説ありがとうございました。

「引当金とは わかりやすく」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる