ここから本文です

新京極商店街MASHUP京都店法務省に被害届け提出

oos********さん

2017/1/901:13:53

新京極商店街MASHUP京都店法務省に被害届け提出

この京都河原町にある新京極商店街のMASHUP京都店の店長杉岡というものは、購入意思があるにも関わらず、全く接客せず、質問をすると罵声を浴びせ、本社に苦情の申し立てに対し店長杉岡は自分が納得する答えでなければ本社を言わないとお客を脅迫、差し出した名刺も取り上げ恐喝未遂等で刑事告訴済。


まず法務省は人種や家柄など偏った接客態度等ある場合は法務省人権科により指導。今回の場合は業務停止になる可能性もあり。

次に法務省や各都道府県はお店をする場合は本社を言わない等明らかにこちらのMASHUP京都店が悪い状況にも関わらず言わなかったなどで数百名の嘆願書を法務省に被害届け提出いたしました。

過去の判例で業務停止になる可能性はほぼ高いと思いますね。まじめに購入しに来ているにも関わらず、この店長杉岡は人種などのナショナリティーなど差別か逆差別かは別としてそういう商売自体よく京都の法務省や府と市が許しているのでしょうか?

告訴されて当然の店長でしょう。民事でも精神的苦痛で損害賠償請求もされていると裁判所に確認済。

この質問は、70歳以上の女性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
84
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kun********さん

2017/1/1601:54:15

まず、刑事告訴された時点でここのMASH UPの本社と契約している融資先の金融機関はすぐに融資を止めるか、融資限度額や金利を上げるなど処置をとるはず。

こういう季節もののようなファッションブランドはいつ人気が無くなるか分からない職業で人気は5~長くて10年持ちません。

さらにこのMASH UPはchallengerなどのいくつかのブランドを置いてもらって販売するスポット店舗でしょ。ならばその他のこのMASH UPに置いているブランドのブランドイメージも間違えなく悪くなります。これは過去の私の仕事上から間違えないでしょう?

この店長の杉岡という人物10年以上その他のファッション関係で仕事をしていたみたいですが、ファッションブランドの告訴までされて、民事裁判でも損害賠償請求されたと2ちゃんねるで見ましたが。多分MASH UPかrあすれば本当に迷惑な店長だと思いますので。お店の中であったことだらか、刑事告訴や民事裁判など弁護士費用は会社もちでしょ。100%首になると思いますが、その後東京のハンバーグの店舗閉鎖のように損害賠償請求店長が会社にされると思いますが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる