ここから本文です

FFMPEGって、CBR(固定)とVBR(可変)だと、固定の方が、同等の画質を求めるのなら、...

ton********さん

2017/1/910:17:47

FFMPEGって、CBR(固定)とVBR(可変)だと、固定の方が、同等の画質を求めるのなら、固定のほうが、サイズが小さく出来ませんか?

のわりに、可変の設定の方が、ソフトで採用されている気がしますが、何か理由があるんでしょうか?
サイズが、予想できる点のみですか?

あと、確認なんですが、固定ビットレートは、品質が固定。
可変も、品質が可変ってことですよね?

ビットレートが固定は、可変ビットレート。
ビットレートが可変は、固定ビットレート?と、混乱するんですが、ビットレートに注目するのなら、通常逆ですよね?

閲覧数:
307
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mz0********さん

2017/1/910:32:47

VBRはシーンによって効率的なビットレート、容量の配分ができる、ということです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lon********さん

2017/1/910:30:12

固定ビットレートはビットレートが固定で品質が可変、
可変ビットレートはビットレートが可変で(一般的には)品質が固定と思います。

サイズが予測可能なのは固定ビットレートですね、
ストリーミング配信などに向いています。

一方で、動画でも音声でもある一定の品質を保つのに
必要なビットレートは異なるので、
必要なときに高いビットレートを取り、不要なときには低いビットレートに抑える、
可変ビットレートの方が保存するときには有利です。
固定ビットレートだと(動画の例で)動きが激しいようなときには荒く、
動きがないようなときにはビットレートが無駄になります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる