ここから本文です

新潟県の糸魚川市で大火災がおきました。プロパンガスを使っていた家もあると思い...

島影さん

2017/1/1418:45:38

新潟県の糸魚川市で大火災がおきました。プロパンガスを使っていた家もあると思いますが、
火災の時プロパンガスのボンベが爆発することはないのでしょうか?

閲覧数:
117
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wat********さん

2017/1/1422:32:34

プロパンガスには安全弁なるものが設けられています。

火災などでボンベが熱せられ、膨張して爆発するのを防ぎます。

ただし安全弁が働く条件として、ボンベが設置された状態、つまり倒れることなく立っている状態でなければなりません。

安全弁は、熱で熱せられると弁の部分に封がされているのが溶けます。

溶けたらそこからボンベ内部のガスが抜け、爆発を防ぎますが、ボンベが倒れていると、弁が正常に作動しない為に、爆発してしまいます。

ですからプロパンのボンベは、鎖などで転倒しないように繋がれています。

私たちは消火作業中に、ボンベを見つけると、用心の為に(立っていても)水をかけて冷やします。

質問した人からのコメント

2017/1/15 18:50:13

回答ありがとうございます!立っているのはそういう理由もあるんですね。
交換しやすいからだけでなく。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

大家 館さん

2017/1/1512:46:05

爆発する場合もあります。
バルブには圧力逃し弁がありますが「絶対」ではないです。

2017/1/1508:52:14

プロパンガスのボンベには色々な爆発防止装置が付いています。
その一つに周囲の温度が極端に上昇すると、機材が爆発するのを防止するために充填しているガスを放出する弁があるんです。この弁が機能するとそこから出たガスは当然燃えます。爆発はしないのですが新たな「火点」となることは確かなんですね。物凄い勢いで火を噴出します。さらに周囲の温度が上昇すればタンクごと爆発することは確実だと思いますよ。すでに「発火点」を持っているタンク」ですから、その火点が中まで届くのは時間の問題です。
それはね、自動車などでも同じなんです。道路に置き去りにされた車は、それぞれにガソリンを積んでいます。ガソリンってとても燃えやすい燃料ですよね。ある温度に達すると、少しの火点でガソリンは発火します。道に連なっている車は、ほぼ同じ位に熱せられていますから、一台の車が爆発すると、隣の車・次の車と、どんどん誘爆していく事が考えられます。
一般的な車は「ガソリン車」なのであまりガスは広がらないのですが、タクシーの多くは「LPガス車」です。基本的には「プロパンガス」と似たような物ですね。ですから拡散の範囲は広く爆発する時は一気に広範囲に亘ってしまいます。
ボンベそのものが破裂することはありませんが、安全装置がかえって危険である場合もあるんですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる