ここから本文です

直木賞作家になるのに一番大切なのは学校で習う国語力ですか?それとも国語力は関...

yak********さん

2017/1/1919:36:23

直木賞作家になるのに一番大切なのは学校で習う国語力ですか?それとも国語力は関係なく生まれ持った才能ですか?

閲覧数:
41
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nov********さん

2017/1/2410:36:38

出版関係の者です。

あくまで私の意見ですが、まず(直木賞)作家になりたい、という人はまず作家として成功しません。何か強烈に書きたい、世に送り出したい、という渇望が不可欠だと思います。
才能はたしかにあった方が良いように思います。ただ、天才作家というのは少なくとも私は知りません。全ての作家が、地道な読書経験を通して成長していきますので、才能より努力が大切でしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

猫侍さん

2017/1/1921:00:48

生まれ持った才能……なんだけど、骨格や体質といった遺伝形質は影響しないんだ。
じゃ、何をもってして「生まれ持った才能」というのか?

ちょっとした古本屋並みの品揃えの本棚があり、両親ともに、夕食後は本を読んでいる事が多い家庭に育てば、小さい時から当たり前に書籍に親しんでいる。

父親も母親も休日の日には、楽器を弄くり回している家庭に育った人は、小さい時から楽器に親しんでいる。

絵画も同じ。新海誠って確か母親も絵描きだって聞いたよな。やっぱり小さい時から絵に親しんでいたんだろうと思うよ。

恵まれた環境に育った人と、恵まれない環境に育った人では、必要とされる努力というか根気に相当な差がでる。
現実的に考えると、人間の持つ根気は有限だよ。根気を使い果たした状態が挫折だね。
根気が無限なら、世の中には挫折する人は生まれないよ。

一番大切なのは「適切な環境」だと思うよ。
ちなみに、学校で習う国語力は、人間にとっての呼吸する能力と同じく、備えていて当たり前。今さら一番大切にはならん。

ヘンデルやウィリアム・ターナーのような特殊な例もあるけど、人間は、しょせん環境に影響される動物だよ。ノシ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる