ここから本文です

家にお仏壇を置かれていない方、教えて下さい。

アバター

ID非公開さん

2017/1/2007:22:48

家にお仏壇を置かれていない方、教えて下さい。

御位牌は、どう保管されていますか?
お寺にあずかってもらっておられますか?
父親が分家の初代で、健在で、仏壇を置いていません。お仏壇はご本尊様をお祀りするものと思っています。きちんとお世話する自信が私自身にありませんし、私の家族は、私より信心が薄いので仏壇の管理はきちんとできないと思うので、仏壇を買わないでおこうと思っています。
家族の誰かが亡くなった場合は、一周忌までは、故人をまつるというか、位牌とか、お花とか、置いておけば良いのですか?

閲覧数:
2,265
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

wak********さん

2017/1/2009:00:51

過去の知恵袋の質問、回答では、
仏壇を置かないで位牌を祀る人は

リビングのオーディオボードに安置、
ニトリなどの家具屋さんで前面両開きのキャビネットを購入、
回忌など使用する時以外は季節用品のストーブ、スノボと同じレンタル物置。

今は仏壇の所有率も4割を切り、マンションでは15%。
http://www.tsunagunet.com/info/2012/1024.html


>私の家族は、私より信心が薄いので

信心とは「宗教としての仏教」ですか、それとも俗に言う「葬式仏教」ですか。

宗教の仏教は『生きている人』が教祖(釈迦)や宗祖(中世の偉大な哲学者である空海、道元、親鸞など)の教えを守って生きることです。

葬式仏教は
生きている時は仏教の「ぶ」の字も口にしなかった人、お経を聞いても分からない、分かろうとも思なかった人に対して『死んだから仏弟子になった。だから戒名を授ける』と言う珍妙な理屈で儀式を行う先祖供養産業です。


俗に葬式仏教と呼ばれる在来仏教の中でも、最も宗教らしい(浄土)真宗系は故人供養、先祖供養は行いませんから位牌は用いません。

真宗の布教使の方によれば、位牌は古代中国で儒家(儒教)の高級官僚の方が、自分の名前と官位を木札に書いた物を、日本の葬式仏教が取り込んだものだそうです。

その証拠として他の仏教国タイ、ミャンマー、スリランカなどには位牌は無いそうです。

質問者さんが仏教を信仰しているのなら本尊を祀るための仏壇はあったほうがよいでしょう。

故人供養、先祖供養目的だけなら、仏壇は居室スペースをふさぐ粗大ゴミです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/1/2421:04:53

    コメントありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/1/24 21:07:27

皆さん、アドバイスありがとうございました。
葬式仏教について教えて下さったこちらのアドバイスをBAとさせていただきます。

「仏壇」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qro********さん

2017/1/2112:23:10

要は、亡くなった人に対する親愛の情、追悼の気持ちがあるかどうかです。
何代も前の顔も知らない祖先の位牌は、あっても意味のないことだと思います。親や兄弟などあなたにとって大切な人、身近な人の位牌ならば、それなりに日常生活の中で目に触れるところへ置いてあげればいいのです。小さくても仏壇らしきものがあった方がいいかもしれません。信心が薄いのに無理してご本尊を祀る必要はありません。大切なのはあなたの心の中にある故人を思う気持ちです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

thu********さん

2017/1/2017:25:36

カラーボックスなどで簡易的な仏壇を自作されてはいかがでしょうか。
「仏壇 自作」のキーワードで検索したところ自作されてる方も案外いらっしゃるようです。
自作されれば愛着もわくでしょうし、調べる過程で仏壇とはなんなのかといったことも見えてくると思います。
何よりも質問者さまのお宅に適当なサイズを自身で選べますし、安価に済むことでしょう。

もちろん、他の回答者さまの仰るようにご位牌を処分されても構いません。法的にはただの物です。
押し入れに転がしておいても 引き出しの中に入れておいても 捨ててしまっても罰せられることはありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

man********さん

2017/1/2015:43:53

位牌は、捨てました。

位牌は、大昔(写真が発明されるずっと前)に考え出された故人の象徴です。
これが○○おばあちゃん、これが××おじいちゃんということです。
現代では、写真の方が故人の象徴としてずっと優れています。
写真を見て、故人を偲ぶ、それが供養です。

戒名は、出家した坊さんとしての名前です。江戸時代に幕府の命令でお寺が葬式をやることになりました。キリシタン弾圧のためです。一般人も死後出家して坊さんになるという仮定の苦肉の策です。
明治に廃止されています。いまは任意継続です。

今後は、坊さんを呼ばない葬儀がどんどん増えると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sio********さん

2017/1/2008:03:20

仏壇や位牌や法事などは本来の仏教にはまったく無い教えです。
仏教が日本に伝来する途中で道教等の影響が入ったものです。
それなのに今の日本仏教は本当のお釈迦様の教えを見直すことも無く、それによって利益を得ようとしています。いわば金づるです。
代々お墓を守ってきた人たちもここにきてそれに気付き始めています。
ですからあまり意味のないことを子供や孫に継承さすのも心苦しく思う人も増えています。
それらの理由で昨今では墓じまいや合同葬等の永代供養が増えています。
真の先祖供養は仏壇や位牌や法事を守っていくことではありません。
私はそれらはまったく不要であると考えています。
先祖の子孫つまり自分自身が道を誤ることなくまっとうに生きていくことが何よりの先祖供養になるのです。
形や慣習に惑わされることはまったくありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる