ここから本文です

宅建に詳しいかた! ()内を埋めてください。 借地権は、登記または引渡しが...

fuy********さん

2017/1/2116:17:44

宅建に詳しいかた!

()内を埋めてください。

借地権は、登記または引渡しがあるときは対抗力がある。これは借家権が()権であることから考えると例外的手法だ。

正当事由の判断に際して

は、明け渡しを為すことによって被る借家人の損害と明け渡しを受け得ないために被る賃貸人の損害について()を行う。

平成11年借地借家法改正は()を導入した。

増改築禁止の特約は、判例によると一応は有効であるが、無断増改築に対する賃貸人の解除権について()理論を適用して認めない場合がある。増改築()裁判という制度がある。この場合、裁判所は()を払わせるなどで実質的にバランスをとる。このような手続きを借地()制度と呼ぶ。
これに対して賃料増減額紛争は()手続きで解決する。

契約締結の準備が進展し、相手方において契約の成立が確実なものと期待するに至った場合には、当事者は()上、一方的に無条件で中止しない義務を負う。

閲覧数:
61
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

あがく人さん

2017/1/2117:01:02

これは借家権が()権であることから考えると例外的手法だ。
債権

借地()制度と呼ぶ。
非訟

増減額紛争は()手続き
訴訟

あとは、他の人などに聞いて下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる