ここから本文です

大河ドラマ「葵徳川三代」で徳川家康が伊達政宗が瑞巌寺を建設?したことに長い顔...

she********さん

2017/1/2419:51:50

大河ドラマ「葵徳川三代」で徳川家康が伊達政宗が瑞巌寺を建設?したことに長い顔をしてましたがどの様な意味なのでしょうか?

補足誤字がありました「長い」ではなく「苦い」です。

閲覧数:
152
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ros********さん

2017/1/2710:20:22

ドラマの流れとして、関ヶ原の論功行賞で100万石のお墨付きを実行されるはずでしたが、伊達政宗は密かに一揆を煽動し、どさくさ紛れの火事や泥棒的に南部の領土をかすめとろうとした事が露見し、徳川家康は伊達政宗に不信の目で見る様になっていました。さらに仙台に大きな山城を築城、戦のない世の中になるのに守るのに有利な、しかも巨大な山城は必要あるのか?
たたみかけるように知らないフリをして城下の家臣の屋敷割りを聞きますが政宗はまだ決まっていない。と嘘をつきます。さらに瑞巌寺は立地、建物から寺ではなく軍事施設という報告を隠密から聞いていた家康は苦い顔をしていました。
つまり関ヶ原の混乱時に裏工作をして領土拡大をはかり、家康に敵対する勢力を一掃でき、今後は戦のない世の中になるだろうという機運にたいして、巨大な、しかも山城の築城を開始、カマをかけた質問にも、まだ決まってない。と平気で嘘をつく。と二股膏薬の政宗に対して内心、此奴は調子の良いことを言って隙あらば徳川を裏切るつもりだろう、曲者だ。と思い不興明らさまに見せた表情だったと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

was********さん

2017/1/2421:21:39

政宗は当初石巻の日和山に城を計画したと伝わります、
海に面した要害の地です。結局青葉山にしましたが、海上の軍略を重視していたかと。瑞巌寺、小島が沢山ある松島は非常に軍略にもってこいの場所

tix********さん

2017/1/2420:55:35

松島は地形上、守り易く攻めにくい地形です。
徳川と戦い最終的には松島に籠り、スペイン艦隊を待って反撃に出る事を考えてました。

zun********さん

2017/1/2420:27:06

瑞巌寺には、徳川と戦になった時に備えて、砦に転用できる備えがあったという噂があります。

そうでなくとも、この噂が立った一因に、瑞巌寺が大きく立派な寺だったことがあげられます。
大名の中には、城の天守を壮麗にしすぎると徳川に叛意を疑われる、と考える者もいたといわれます。

そうした御時世に、外様大名が立派な建築をするのは、度胸のいることです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる