ここから本文です

弓道で、弓手を押そうとすると肩が入ってしまい肩線がずれてしまうのですが、

chi********さん

2017/1/2421:24:00

弓道で、弓手を押そうとすると肩が入ってしまい肩線がずれてしまうのですが、

肩線を意識して押そうとすると思うように伸びれなく感じます。
なぜあまり押せなく感じるのか教えていただけますか?

閲覧数:
583
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aka********さん

2017/1/2601:22:50

大学で弓道をしている者です。

自分も同じような症状が出ていました。
自分がなおした方法としては「弓手を押す」
という意識を変えたことです。弓が元に戻ろうと反発する力を感じつつそれに負けないくらいの最小限の力をかけます。力をかける場所としては肩甲下筋というところで三角筋の左外側にある筋肉です。

力の入れすぎや抜きすぎは肩線のズレに大きく関わってきます。弓に負けないくらいの力で押しとけばそれで十分中りもでます。
頑張ってください。

質問した人からのコメント

2017/1/28 18:23:08

ありがとうございます!頑張ります!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

try********さん

2017/1/2509:04:56

弓手を突っ張るから肩が入ってしまうのだと思います。

弓手の押し方は指導者によっても表現が違いますし、教本にも具体的にどう押せとはっきりは書いてありません。それは骨相によって違うからです。

私の場合、弓手の押し方は弓の力を左手拳・左肘・左肩で受けて真っ直ぐ押し返すといった感じです。
また、下筋を効かせるように弓手小指と馬手小指を締めるようにしています。
私は猿腕なので、やみくもに押そうと思うと弓手が突っ張ってしまい、弓手の肘が脇正面側に曲がり離れでブレます。
ですので、拳・肘が真っ直ぐになって左肩で受けるように意識すると離れで弓手がブレません。
指導者によっては弓手の押しは「麦一粒」とか「米一粒」の余裕を残しておけと教える方もいますが、私の場合はこれも離れでブレるので、ひたすら会で弓手が真っ直ぐになるようにします。

また、弓手の回内についても、最近の指導は回内させない指導が多いですが、私の場合は多少回内を掛けないと押せません。

あなたの最適な弓手の押し方はあなたにしか分かりません。
色々な押し方を工夫してみて、自分で一番真っ直ぐ押せる押し方を覚えて下さい。

肩線を意識すると押せなく伸びれないということですが、もしかするとそれがあなたにとって正しい押しなのかも知れません。
押しが効いていれば、それは矢勢や弦音や残心の形になって表れます。
但し、馬手側も正しく矢筋に離れていないと弓手の押しの効果が表れませんので、会では弓手の押しにも注意を払いながら、縦横十文字に伸び合って離れることを忘れないでください。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる