ここから本文です

糖尿病性ケトアシドーシスについて 二月に国試を受ける看護学生です。勉強をし...

アバター

ID非公開さん

2017/1/2619:49:16

糖尿病性ケトアシドーシスについて

二月に国試を受ける看護学生です。勉強をしていてわからないことがあったのでどなたか教えてください。

一型糖尿病でよく見られるケトアシドーシスにつ

いて一つ疑問があります。
ブドウ糖を細胞組織などに吸収できず、エネルギー不足から脂肪を分解するということは理解できます。しかし、分解した脂肪から脳に供給するエネルギーはどのようにして産生するのでしょうか。ブドウ糖はインスリンができないために脳へ栄養がいかないですよね?

意識障害などが見られるのは、脳に栄養がいかないことと高血糖のために起こるのでしょうか?

閲覧数:
184
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wyd********さん

2017/1/2619:53:49

看護師です。

専門分野でもないですし、自身がないので質問に対する回答は申し訳ないですができません。

ただ来月国家試験の身であれば難しい問題よりももっと出題頻度の多い、難易度の低い問題を答えられるようにしてはどうかなと思います。

一生懸命勉強されて、わからないことを聞くのは素晴らしいと思います、お気に障ったら申し訳ないです。

きつい実習おつかれさまでした。
国家試験頑張ってください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fir********さん

2017/1/3115:55:14

インスリン注射を忘れたり何かの影響でインスリン抵抗性が増していたりすると、1型糖尿病の方は高血糖状態になりますよね。

ブドウ糖を細胞組織などに吸収できず、エネルギー不足から脂肪を分解するということは理解できます。
↑吸収できないのはインスリンがないから、作用していないから。

分解した脂肪から脳に供給するエネルギーはどのようにして産生するのでしょうか。ブドウ糖はインスリンができないために脳へ栄養がいかないですよね
↑通常脳はブドウ糖に依存しているが、ブドウ糖がない場合はケトン体をエネルギーとすることができます。

肝、筋、脂肪組織はインスリンが作用しないと糖を取り込むことが出来ません。
そのため糖は十分足りている(高血糖状態)でも脳にエネルギーを!となり脂肪組織からケトン体を産生します。
でも脳は糖があるのでケトン体は要らないんですよ。
そのためアシドーシス(ケトン体は酸性)を引き起こします。
糖尿病性ケトアシドーシスですね。

これにより血液が酸性化するので、大きく深い呼吸となったり(クスマウル大呼吸)や意識障害が起こります。

他にも高血糖(BS 500mg/dl以上)となると血しょう浸透圧が上昇しこちらが原因でも意識障害が起こります。

難しいところですね。

end********さん

2017/1/2620:03:57

脳細胞はインスリンに依存せずにブドウ糖をエネルギーとして
取り込めることはご存知でしたか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる