ここから本文です

昔のロシア文学などで

bri********さん

2017/1/2817:43:19

昔のロシア文学などで

フランス語が話せる人間は

どのような人間として

描かれたでしょうか?

扱われたでしょうか?

閲覧数:
40
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

war********さん

2017/1/2819:30:41

19世紀ロシアは当然身分社会で、上流階級の人間は上流階級のステータスとしてフランス語は必須でした。そもそもロシア社会はヨーロッパに対してコンプレックスがあり、フランス語の習得はそのコンプレックスの裏返しだともいえます。

質問した人からのコメント

2017/2/1 20:48:42

ご回答ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/1/2818:12:02

知識階級もしくは貴族階級、あるいは西ヨーロッパで長年生活をしてきた人たちとして描かれています。彼らはフランス語で教育を受けた可能性が高いからです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる