ここから本文です

[世界史]サヴォイアとニースはブロンビエールの密約時、既にフランスへの割譲が約...

アバター

ID非公開さん

2017/1/3112:34:48

[世界史]サヴォイアとニースはブロンビエールの密約時、既にフランスへの割譲が約束されていたにもかかわらず、サルデーニャの中部イタリア併合時に再び合意の条件として持ち出されたのはなぜですか?

フランス側としては、両地域の割譲は既に決まっていたため、別の条件を持ち出した方が良かったのではないか、と思ったのですが、改めてサヴォイアとニースの割譲が条件にされたのには何か特別な理由があるのですか?

閲覧数:
348
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

going_mywayさん

2017/1/3117:49:45

サルデーニャが中部イタリアを併合した時点でフランスはまだブロンビエールの密約で決められたサヴォイア・ニースの割譲条件を満たしていなかったからです。

ブロンビエールの密約はサルデーニャとフランスがオーストリアをイタリアから追い出すまで共に戦うことを約し、その後のイタリア半島の分割について取り決めた密約で詳しい内容は以下の通りです。

サルデーニャはオーストリアが領有しているロンバルディア・ヴェネツィアを獲得し、フランスはそれを実現するまでサルデーニャに軍事協力をする。その代償としてサヴォイア・ニースを獲得する。

オーストリアハプスブルクの分家が支配するトスカーナ大公国はボナパルト家が支配し、パルマ・モデナや教皇領の一部を併合して中部イタリア王国を形成する。

ローマ教皇領と両シチリア王国はそのまま据え置く。

なのでフランスはロンバルディアとヴェネツィアをオーストリアから奪い取らなければサヴォイアとニースを獲得出来ないのです。
しかしフランスのナポレオン三世はソルフェリーノの戦いで予想を遥かに上回る被害を受けてしまったために勝手にオーストリアと講話してイタリア半島から手を引いてしまいました。
そのためサルデーニャはロンバルディアを獲得出来ましたがヴェネツィアを獲得することは出来ませんでした。なのでサヴォイアとニースもフランスの手には渡りませんでした。

そんな折にブロンビエールの密約でボナパルト家の物になる筈だったトスカーナを中心とする中部イタリア諸邦がナショナリズムの盛り上がりによって、各領邦の君主を自ら追放し、住民投票でサルデーニャへの編入を決めたのでフランスはヴェネツィアの代わりに中部イタリアを譲るからサヴォイアとニースを割譲して欲しいと申し出たのです。

アバター

質問した人からのコメント

2017/2/1 17:43:32

ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる