ここから本文です

鄭和の南海遠征ってありましたよね。 結構な規模で船団を送ったのに、その後続い...

sar********さん

2017/1/3120:06:56

鄭和の南海遠征ってありましたよね。
結構な規模で船団を送ったのに、その後続いていませんよね。

もし、あれが続いていたら中国は西洋諸国より先に近代化をしていましたか?

識者のみな様方のご意見をうかがってみたいです。

閲覧数:
112
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gin********さん

2017/1/3120:43:05

近代化を何と定義するのか…によりますね。

資源獲得と市場開拓による産業革命が起きるか?
中国は永楽帝時点では西欧にさほど興味がないはずです。
むしろ北方の異民族を鎮定しつつ、南方の海洋に関しては朝貢関係を安定化させることが主眼だったと思うのです。
ですから、自然発達的な技術の発展はある程度あったかもしれませんが、西欧諸国が富を獲得するためになにがなんでも東洋に行くというのではなく、おそらく冒険程度の思惑で西欧に行くと思います。
当然、資源を強制的に獲得するとか、無理矢理市場を開拓するなどとは考えていないでしょう。奴隷もさほど必要ないと思います。

あと、何が何でも他国を植民地化して、搾取の限りを尽くすということも恐らく官僚が道徳理念的に「帝王の取るべき政策」ではないと反発したと思います。
やはり理念的には「徳による治」を求めるため、朝貢さえすれば自治に任せるということになったと思います。
国内統治も産業資本家を中心とした資本主義とはいかず、やはり農民を主眼として農本主義だと思いますので、企業的利益追求もそこまで求めないと思います。

国内外に対して圧倒的な武力を必要とせず、道徳理念的に帝国主義的植民地政策(支配地の搾取と奴隷化)を行わず、西欧諸国に対して特段興味がなく、農本主義的な政治体制となると産業革命とそれに伴う植民地政策はかなり後のことになったと思います。

もし近代化をするならおそらく2つの道が考えられます。
1つは華僑が外国で異民族との抗争状態に突入し本国へ救援要請を行い、本国が外国の華僑を助ける判断し、各地に華僑援助ようの拠点を設けるという展開になった時。

もう1つは、北方のモンゴル高原と西方のチベット高原の制圧が完了し、そのうえで財政的に余裕な事からロシアかカザフスタン方面に領土を広げようとしてロシア帝国かイスラーム諸国との交戦状態になった時だと思います。

質問した人からのコメント

2017/2/3 23:05:51

ご回答くださったみなさまにお礼申し上げます。
中国は動機がないという事ですね。よくわかりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/1/3120:30:07

大航海時代=近代化ということはないです。

なので関係ありません。本来は非効率なことなので西洋のようによほどの理由がない限りしません。中国は朝貢を広め探検するためだけにやっていたので、相当余裕があった状態です。逆に西洋には余裕がなく、それが非合法な方法で科学力や勢力を広めた理由になっています。

中国は現地の紛争に介入こそしたものの、港を襲ったり植民地支配したりはしませんでした。西洋はそれが例え本来非効率でも、自国に持ち帰れば100倍にもなる品が手に入るので、何がなんでも航路を維持したのです。

そのなんでもやるという姿勢が効率化を進め、近代化と植民地支配に繋がっていきます。産業革命だって国が小さく豊かじゃないから本来非効率なはずの機械開発に勤しんだのです。中国だったら人が沢山いますから非効率な機械なんか使う間に人使ったほうが遥かに便利で効率的で経済的でした。

初期の機械は例えば自動車であれば馬の数十倍の価格な上に専業整備士、運転士を雇い、更に燃料は自前で揃えねばならず、速度は馬の半分以下、舗装道路以外走れず、100m動くごとに故障するようなものです。他の産業用機械なども初期は同様でした。そんな下らないものに情熱を傾けられたのは、資源も人も乏しいくせにずっと隣国と戦争しているような西洋だったからです。それは結果的に成功しました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる