ここから本文です

束帯の後ろ こんにちは。平成2年の即位礼正殿の儀の際の映像をよく見てみると、...

shi********さん

2017/2/217:59:03

束帯の後ろ

こんにちは。平成2年の即位礼正殿の儀の際の映像をよく見てみると、天皇陛下や侍従の方の背中の腰の辺りに、何か黒くて光っている物が付けられていたのですが、これは何なのでしょうか?

用途もお教え下さい。

即位礼正殿,束帯,侍従,天皇陛下,用途,石帯,組紐

閲覧数:
229
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koe********さん

2017/2/218:50:18

「石帯」と言います。読み方は、せきたい。
これが語源で束帯となったとか。

石飾りの付いた革の帯です。
時代によって形状は異なりますし、お家の流儀でも装い方は違います。

腰に巻き付け、元々はそれを長く余らせた留め余りという形で着用していたのですが、現在は巻きつける部分を本帯とし、留め余りのイメージで上手をつけた構成です。組紐を前で結んでいます。

  • 質問者

    shi********さん

    2017/2/219:46:40

    石帯と言うのですね。ありがとうございます!^_^

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「即位礼正殿の儀」の検索結果

検索結果をもっと見る

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる