ここから本文です

『ダークマター(暗黒物質)』についての質問です。

car********さん

2017/2/301:22:49

『ダークマター(暗黒物質)』についての質問です。

一般的に『暗黒物質』は、具体的な物体が観測されないにも関わらず、質量(重力源)のみが検出される状況に対し仮称された未知の原因物質だと認識しています。

1989年、米物理学者ジョセフ・ポルチンスキー氏はブレーン(膜)宇宙と『開いた超ひも』とブレーン宇宙は結び付き(Dブレーン化)、結ばれた『超ひも』の動きはDブレーン上のみに限定されるとしました。

さらに、大阪大学の橋本幸士氏は
「重力子は『閉じた超ひも』で表される為、Dブレーンに結び付かない。
よって重力子は私達の3次元空間の“外”にも自由に行き来できます」
と述べられました。

これは重力が距離の二乗に反比例して減少される事象の説明としても有効に思われます。

ここからが質問となります。

質問①
「重力子が『閉じた超ひも』の性質によりブレーン宇宙の内外を行き来できるならば、我々の3次元宇宙の“外”よりもたらされた重力子こそが『暗黒物質』の正体ではないでしょうか?」

質問②
「①の仮説は既出でしょうか?実際、ほぼ同じ仮説をSF作品の中で見たことがあります(つまり私のオリジナルの仮説ではない)。」

以上、2つの質問となります。
宜しくお願いします。

閲覧数:
88
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sun********さん

2017/2/302:24:02


違います。
重力子はゲージ理論において重力を媒介する素粒子(ボゾン)とされており、これは超ひも理論においてもブレーン宇宙論においても同様です。したがって重力子自体が重力源になることはできません。光子が電源や磁力源になることができないのと同様です。

暗黒物質の正体は、その存在が発見された経緯から、遅くて重い素粒子(当然フェルミオンです)と考えられており、ニュートラリーノなどといったある種の超対称性粒子がその有力候補とされています。
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/xmass/darkmatter.html


①で違う理由として書いた説明文の内容は、物理学を多少知ってる人なら学者ではない一般人でも普通に思いつく理由です。
物理学を殆んど知らない3流SFライターは別として、①の説をマトモに論じる学者はいません。したがって、①の仮説は学界では既出ではありません。

  • sun********さん

    2017/2/302:36:16

    蛇足ですが・・・

    >これは重力が距離の二乗に反比例して減少される事象の説明としても有効に思われます。

    距離の二乗に反比例して減少されることを「逆二乗則」といいます。
    これはこの宇宙が等方的な3次元空間であることが理由となります。3次元空間の“外”に出られる事とは無関係です。

    クーロン力や光の強度など、逆二乗則に従う現象は色々あります。
    重力だけではありません。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%862%E4%B9%97%E3%81%AE%E6%B3%95...

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/2/3 11:39:33

文句なくベストです。
有難う御座いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fey********さん

2017/2/305:33:26

暗黒物質は「具体的な物体が観測されないにも関わらず、質量(重力源)のみが検出される状況に対し仮称された未知の原因物質だと認識」しているのであれば、

「一般的に」という言葉を使うのは認識がおかしいでしょう。

全然一般的ではありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる