ここから本文です

国家公務員とは実際の仕事は法律をもとに政策を実行していく立場にあると思うので...

makku_721さん

2017/2/1016:00:04

国家公務員とは実際の仕事は法律をもとに政策を実行していく立場にあると思うのですがなぜ政策立案が主な仕事のようになっているのですか?具体例などを挙げて説明していただきたいです

閲覧数:
70
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/2/1215:09:27

国家公務員の女性版ですが参考になりますか?

http://www.soumu.go.jp/main_content/000281376.pdf#search=%27%E5%A5%...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tokyo_fs0403さん

2017/2/1016:32:43

本来は政策立案というのは、立法府=国会の仕事なのかもしれません。とはいっても、新しい政策を実現するには、法律を作ったり、現行の法律を改正しなければなりません。一つの法律を変更すると、別の法律の規定に抵触したりという問題も出てきます。厚生労働省では問題なくても、経済産業省の所管する法律に反するなんてことがあるわけです。法律を作ったり直したりっていうのは、そういう問題点のチェックの上で、さらに役所間で問題点を調整され、国会に提出される実に膨大な作業なんです。もちろん、国会議員が秘書を使ったとしても、こればっかり関わってることもできないでしょう。どうしても行政府=国家公務員の仕事にならざるを得ないんですね。
もちろん、国家公務員全員が政策立案をしているわけではありません。簡単にいってしまうと、キャリア官僚=政策立案部隊、ノンキャリア=政策実行部隊です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

omatsuzakiさん

2017/2/1016:16:38

仕事は法律をもとに政策を実行していると思います。
が、法律を企画、作る仕事もあります。
政府が、省の方針が、この法律が必要だとすれば、関係省庁はその法律を作って、政府として国会に提出し、成立させなければなりません。
国家公務員、誰でも法律を作る仕事をしているわけではありません。各省の仕事はいろいろあります。部署も多くあります。
一度どこかの省のHPをご覧なれば、分かると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。