ここから本文です

航空機はその輸送量に比してエネルギー消費量が自動車、鉄道車両などの陸上交通機...

川馬さん

2017/2/318:10:26

航空機はその輸送量に比してエネルギー消費量が自動車、鉄道車両などの陸上交通機関と比べて桁外れに多いですが、その代わり地上設備がほとんど要らないという特徴があります。

そうならやはり航空機は実はわれわれが思っているよりもはるかに経済的ということになりますか。
教えてください。

閲覧数:
175
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ねこそぎさん

2017/2/411:17:11

消費エネルギーは乗客一人、距離あたりでは自動車と航空機でそれほど変わりません。距離が遠いと航空機のほうが少ないと思います。
どちらが経済的かはケースバイケースで単純比較できません。とくに移動時間の経済的な意味は場合によって随分違うので比較はむずかしいです。
でも、例えばマグレブみたいなリニアモーターカーを千キロも作ろうとしたら、線路つくるだけで何千億円もかかりそうです。航空機なら始点、終点に滑走路作るだけでとりあえず機能します。もっとも国際空港として機能するには百億円単位の投資が必要ですが。
>われわれが思っているよりもはるかに経済的
だから毎日、百万人もの人が航空機で移動しています。LCCでは数百キロ移動する旅費が数千円だったりしますよね。その価格で販売できるということは経済的ということです

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yfn********さん

2017/2/318:13:38

経済的の定義も難しいです。
個人的には高速鉄道よりはいいと思います。
悪天候で動けないのは飛行機も同じ。

tak********さん

2017/2/319:47:19

旅客機の消費燃料なのですが、例えば自家用車と比較して
桁外れに多いというデーターは有りません。
例えば羽田から伊丹に飛ぶ場合と陸上で500kmを車で行く場合を
比較して見た場合の計算です。
ジャンボ機で飛んだ場合燃料消費は15000ポンドでリットルに直すと
8570リットルです。
この便に500人乗っていれば一人当たりの燃料消費は17リットルに
なります。
2000㏄の車で走れば燃料は50リットルは消費しますので
4人乗っていれば一人当たりの消費量は12.5リットルです。
旅客機の燃料消費は50%くらい多くなります。
現在のB787では同じ程度になるでしょう。
飛行機に地上設備はいらないという事ですが、滑走路やターミナル、
地上の管制官などを考慮すればはるかに経済的かどうか
簡単に言える事ではないと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる