ここから本文です

中学生3年生のときから、数ヶ月に何度かのペースで急に腹痛を感じます。 腹部のお...

sak********さん

2017/2/820:40:47

中学生3年生のときから、数ヶ月に何度かのペースで急に腹痛を感じます。
腹部のおへそ辺りの奥が痛くて、すごくパンパンに張ります。横になると治ることが多いです。
横になれない場所で痛み

が出てくると我慢するしかないのですが、我慢すると痛みが増し、息も荒くなるぐらいの痛みに襲われます。
横になり 痛みが和らぐ体制で、お腹を温めながら10分くらい寝ていると 治ります。ただ、痛みが治まってからすぐに動こうとすると、また痛み出しそうになることもあります。
中学生のときから 成人しても たまにあるこの痛みですが、最近は” あ、あの痛みが来そう ”と、痛みの前兆が分かるようになりました。その時点で 横になることが出来れば、治りも早いです。
また、気のせいかもしれませんが、うどんや牛丼、カレーなどを食べた後に 痛むことが多いような気がします。
(ただ高校生の時は 部活中などになっていたので 食べ物は関係ないかも…)

一度高校生のときに病院に行ったことがあるのですが、そのときは詳しく検査はせず、今になって何かの病気なのかなと 不安になったので書かせていただきました。

同じような症状の方、
病名が分かる方がいらっしゃいましたら よろしくお願いします。

閲覧数:
870
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2017/2/821:17:26

腹痛の症状で悩まれているということですね。

原因として、過敏性腸症候群という病気の可能性が考えられると思います。

過敏性腸症候群とは、大腸や小腸に原因となる異常が見つからないのに、便通異常と腹部症状が続く病気です。
主な症状は腹痛、腹部不快感(お腹の張り、お腹が鳴る、ガス過多、お腹がゴロゴロする おならが出やすい など)、下痢、便秘などの便通異常です。腹痛や腹部不快感のみの場合もあります。
この様な症状はありませんか。

原因としては、腸の運動機能や分泌機能が亢進していることにより、下痢や便秘などが起こると考えられます。
また、腸のひろがる刺激に対して過敏となっているために、通常では痛みとして感じないような刺激を痛みとして感じてしまうのではないかと考えられています。ストレスに対して自律神経のバランスを乱しやすい素因のあるところに、肉体的な疲労や不安・緊張などの精神的なストレスが加わることで、症状が起こってきます。
対策としては、症状によって、次の方法を試してみて下さい。
症状によって、市販の整腸剤を服用して下さい。整腸剤には、腸内環境を整える効果がありますので、症状が改善してくると思います。下痢や便秘がひどい場合は、市販の下痢止めや便秘薬を症状に応じて、服用してみて下さい。
また、冷たいもの、辛いもの、カフェイン(コーヒーなどに含まれる)、アルコール、脂っこいもの などの胃腸の刺激となるものを控えて下さい。
また、お腹の張り、ガスが溜まりやすいなどの症状には、小林製薬のガスピタンという市販薬を服用されると良いと思います。ガスたまりや膨満感に効果があります。

症状が続く様でしたら、一度、病院を受診されることをお勧めします。

参考になりましたら、幸いです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる