ここから本文です

今朝は西武線多磨駅であいさつ、9月議会も終わり、党勢拡大など秋の大運動に奮闘...

gog********さん

2017/2/1016:03:55

今朝は西武線多磨駅であいさつ、9月議会も終わり、党勢拡大など秋の大運動に奮闘します。

さて昨日(2日付)朝日新聞朝刊では「政活費 常時公開5割(朝日新聞本社主要市区調査)」という記事が、1面トップで掲載されています。富山市議会でのデタラメな政務活動費の使われ方が問題となり、全国の地方議会にその波が広がっています。今回の朝日新聞の記事によれば、領収書をネットで公開しているのは1割未満とのこと。さらに「5割近い議会で役所に足を運んでもすぐには閲覧できず、情報公開請求の手続きが必要だった」と記事にあります。記事によれば、ネットで公開しているのは、大阪、神戸、京都、大津の4市議会と世田谷区議会だけとのこと。記事でも指摘していますが、情報公開請求の場合、閲覧できるまで数週間はかかります。記事では「領収書に記載されている個人情報を黒塗りをする作業もあり、請求から4ヶ月ほどかかると回答した議会もあった」とあります。

私は、この政務活動費の使い方は、議員の資質、人間性にもかかわる本質的な問題をはらんでいるように感じます。税金をいただいて公職の仕事をする身として、議員、政治家として、なにより人間としての誠実さが問われる問題です。この間の報道によれば政務活動費を飲食に使っていた富山市議は、「遊ぶ金がほしかった」とコメントしていたそうです。「あいた口がふさがらない」と同時に、こうした議員は地元の有権者、有力者との間での飲食接待の機会が多く、交際費が欲しかったのでしょうか。

ちなみに府中市議は毎月45000円、年間54万円の政務活動費です。ぜひ市民オンブズマンの方々も、積極的に情報公開を請求していただき、市民の厳しい視線で府中市議会議員と行政を監視、チェックしていただきたいと思います。

閲覧数:
55
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gog********さん

2017/2/1103:07:18

ネットイナゴとは、ブログや掲示板のあるエントリーに対して、大勢で大量のコメントを書き込み、荒らしに近い行為を行う集団のことである。

書き込みをするユーザーが、大量発生したイナゴ(蝗)が農作物を食い尽くす「蝗害」に喩えられている。

ネットイナゴは、集団で膨大な量のコメントを残すことによって、そのブログを「炎上」と呼ばれる状態に陥れる。炎上したブログや掲示板は、長期間にわたり機能停止状態になったり、閉鎖に追い込まれたりする場合も少なくない。

これまでにも、ブログのエントリーなどに対して暴言や罵りを大量に投稿して炎上させるユーザーがおり、「ネット右翼」などと呼ばれていた。しかし、ネットイナゴによる炎上は右翼や左翼といった特定の思想によるものではなく、むしろ単なる興味本位や愉快犯的な動機であり、集団心理によって書き込みの攻撃性が増しているという指摘がある。

ネットイナゴは、有名人や一般人によるブログの不用意な発言を拾い、はじめは指摘や反論をするが、コメントの数が増えるにつれて度を過ぎた非難や中傷、話題を逸した人格攻撃に至ることも多い。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gom********さん

2017/2/1016:08:19

府中市議会議員 結城亮さんのブログをコピペねえ・・・・・・
重症だね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる