ここから本文です

保護観察官とはどんな仕事なんですか?

アバター

ID非公開さん

2017/2/1221:41:51

保護観察官とはどんな仕事なんですか?

24時間見張るわけではないですよね?

閲覧数:
471
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nag********さん

2017/2/1509:29:34

保護観察措置となるにはいくつかのケースがありますが、この場ではそれはさて置き、保護観察官の仕事にだけ説明します。
実数は控えますが、保護観察を必要としている人数に対し、保護観察官の人数は大雑把に言って100人強に対して一人程度です。
保護観察官はこれから保護観察となる人(=対象者)を受け入れる為の準備や防犯啓蒙活動など、進行中の保護観察業務には直接関係の無い業務も多くある為、保護観察開始時以外には直接対象者に接することはあまりあり無く、24時間見張るなんてこともありません。
対象者には担当の保護司が割り当てられ、実際に対象者と接するのは通常は保護司です。
保護司が対象者に接する頻度は多くの場合は2週間に一度程度ですが、保護観察の期間中、保護司は対象者からの相談に応じることもあります。
保護司は対象者からの「○○に勤務している」といった話を聞くと確かめる為に遠目に出勤を確認する様なことは希にやることはありますが、勤務先に確認する様なことはせず(そんな権限もありません)、月に2回程度の面談以外に対象者と接することはまずありません。
保護司はこの面談や日常の相談事等を所定の報告書に記載して月に一度保護観察所に提出し、保護観察官はこの報告書を見て所内で対象者に対する対応を検討します。
明らかに再犯や重大な違反行為がある場合、裁判所の決定によって再収監すること、出頭命令を出して詰問すること等もありますが、特段の問題行動が無ければ対象者に保護観察官が直接会うのは一年に一度だけです。
日常、通常ならば保護司が面談する場合でも対象者が重罪を犯した者だったり有名人だったりする場合は保護司では太刀打ちが困難であり、保護観察官が行う場合があります。
その他、性犯罪や薬物犯罪の場合は再犯防止プログラム受講と称して対象者を定期的に保護観察所に呼び出すことがあり、この対応も保護観察官の仕事です。

by 保護司

アバター

質問した人からのコメント

2017/2/15 09:34:49

詳しく丁寧に説明して頂きありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gen********さん

2017/2/1221:49:46

あなたは誰かに見られています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる