ここから本文です

データのバックアップについて

アバター

ID非公開さん

2017/2/1322:14:16

データのバックアップについて

質問です。

家が、30年以内に80%以上の確率で発生する南海トラフ地震によって、最も被害を受ける地域です。10メートルくらいの津波が直撃し、数メートル浸水する予想。(砂地の埋め立て地のため液状化地盤沈下により、さらに被害が出ると思われます)

家は跡形もなくなるのですが、30万円ほどかけてパソコンを買う予定なのですが、データのバックアップをどうしようか悩んでいます。(パソコンそのものも、家の保険を確認しないといけない)

8TBのハードディスク(WDred)にしているので、動画編集などたくさんのデータを入れる可能性があります。

このデータを外付けHDDに普段からコピーするように心がけて、バックアップしていても、出かけるときにいつも持って出歩くのは現実的では無いですし、持ち歩くと壊れやすいですよね。

オンラインストレージなどは、容量や信頼性(個人情報の含まれるデータなど)、また有料なものなど、まだよく分かっていません。

何か、自然災害に対して対策をしている方がいたら、何をしているのか教えてください。

(家にいるときに地震が起きれば、パソコン本体や、バックアップの外付けドライブなどを抱えて避難すればいいんですが、大学や職場に行っていたり、外出時の対策が不安です)

閲覧数:
87
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

doudoubirdddさん

2017/2/1401:09:24

1G程度のデータですが、大切な写真データの
保管に悩んでいた者です。
他の質問サイトで質問していたのですが、現状、

①震災で一番強いのは現状はオンラインストレージ。

②バックアップは分散して保管。

が良いみたいです。現状では。



①ですが→
パソコンやハードディスクできちんと保存しても、
津波、火災、家倒壊などで
家が丸ごとダメージを受けたらデータは消えます。
その点オンラインストレージは、企業のサーバーに保管
なのでリスクが軽減します。

外付けHDD持ち歩きは、勿論故障しやすくなります。
光学メディアで保存して(ブルーレイ、DVD)持ち歩くのも、
傷がついて読み込めなくなります。

MDISCという超堅牢な長期保存媒体(理論上100年保存)
に保存する事も迷いましたが.....
高価すぎて普及していない・普及していない分、実質どのぐらい
堅牢なメディアか分からない、
普及していないので間も無く衰退するメディアだろう、と予想して止めました。

オンラインストレージの爆発的普及で
記録媒体(DVD、ブルーレイ)などが衰退しています。
太陽誘電が、光学メディアの国内生産終了したのも
そのせいです。



②ですが→
例えば質問者さんの実家が東京で、
現在お住まいのところが高知なら....
データを記録したHDDを東京の実家に一個置いておいて
リスクを分散します。

現在の住まいと実家が同じ地域なら、
遠く離れた地域に貸金庫・屋内型トランクルーム等
を借りてそこに入れるのも手です。

私は関東に在住ですが、
リスク分散を考えて
関西に宅配型トランクルームを利用しています。
(データを記録したDVDを専用ボックスに入れて、関西の物流倉庫に保管
:阪急グループのrisoc●を使用)



①と②で、
データを分散して保存してれば
日本全国、震度7に襲われない限り大丈夫かなぁと...

アバター

質問した人からのコメント

2017/2/14 20:03:20

私もトランクルームにデータを保管することにします。やはり同じく地震でのデータ消失のことを考えている人がいて、安心しました。

これからも、ぼちぼち調べて、安心して生活できるように工夫したいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。