ここから本文です

ヒトES、iPS細胞から1週間で効率良く神経細胞を分化させる方法を開発-創薬スクリ...

gog********さん

2017/2/1412:16:14

ヒトES、iPS細胞から1週間で効率良く神経細胞を分化させる方法を開発-創薬スクリーニング、再生医療への活用に期待-

慶應義塾大学医学部坂口光洋記念講座(システム医学教室)の洪 実教授、生理学教室の柚崎 通介教授からなる研究グループは、ヒト多能性幹細胞(注1)であるES細胞、iPS細胞から、1週間で、90%以上という高い効率で神経細胞を分化させる「細胞分化カクテル」の開発に成功しました。

このカクテルを、細胞に数回添加するという簡単な操作で、密な神経突起ネットワーク、電気刺激への反応性、運動神経特異的なマーカー発現を有する機能的な神経細胞が創出されました。

開発されたカクテルは、細胞のゲノムDNAに傷をつけないため、より安全であると考えられます。また、量産が可能なため、細胞移植や創薬スクリーニングに必要とされる大量の神経細胞を簡単に作ることができます。その結果、神経細胞の基礎研究のみならず、神経細胞の異常でおこるさまざまな病気に対する薬の開発、病態解明、再生医療などに役立つことが期待されています。

本研究成果は、2017年2月13日に「Scientific Reports」のオンライン版に掲載されました。

1.研究の背景

現在、ヒト多能性幹細胞であるES細胞、iPS細胞からヒトの体を構成するさまざまな細胞を培養皿の上で分化させ、それを再生医療での細胞移植の材料にすることや、病気や個人に合う薬のスクリーニングに活用することが試みられています。従来は、ヒトES、iPS細胞から胚様体と呼ばれる細胞塊を作り、培養条件を順次変えていくことで、徐々に細胞を分化させていく方法が主流でした。このような方法は、手間やコストがかかるだけでなく、場合によっては1ヶ月以上という長期の複雑な培養が必要で、薬のスクリーニングや細胞移植に必要な量と、均質かつ高品質に分化した細胞を得ることが難しく、再生医療分野の進展を阻む一因となっていました。

2.研究の概要と成果

本研究グループは、単層培養されているヒトES細胞、ヒトiPS細胞に、数回添加するという簡単な操作だけで、1週間で効率良く神経細胞の分化を誘導できる合成mRNA(注2)のカクテルの創出に成功しました。(図1)

この合成mRNAカクテルには、神経細胞の遺伝子発現調節に関わる5つの転写因子(注3)が、試験管内で合成されたmRNAの形で入っています。培養1週間目には、培養皿上の90%以上の細胞が、神経突起の密なネットワークを形成し、また、電気刺激に反応できる機能的な神経細胞なっていました。また、運動神経に特異的なマーカーを発現しており、運動神経への分化が強く示唆されました。

閲覧数:
69
回答数:
2

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chl********さん

2017/2/2810:05:24

質問になっていません。実社会に居場所が無いからと言って、こんな無意味なコピペをしていても貴方の存在理由は、何一つ生まれません。現実を直視して下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる