ここから本文です

10式や90式戦車の砲塔に当たる部分なんですが、もう少し角度が付いていても良...

アバター

ID非公開さん

2017/2/1522:35:14

10式や90式戦車の砲塔に当たる部分なんですが、もう少し角度が付いていても良いのでは・・・? と思うのですが、どうなんでしょうか?

例えば74式の砲塔は、丸みを帯びていて角度が付いていますよね? 山型と言いますか、弾が当たっても角度が付いているのでイメージしてはつるんと滑って後方へ流れる・・・ような感じがします。

しかし特に90式などの砲塔は、垂直と言いますか、車体や地面に対して垂直なので、弾を力をまともに食らってしまいそうなんですが、これってどうなんでしょうか?

装甲に使われている素材や厚みなどで強度は変わってくるとは思うのですが、もう少し角度が付いていも良いのでは・・・と思ってしまいます。

室内容量の問題もあるし、感度を付けたくても付けられないような問題もあったりするのでしょうか?

10式は、正面から見ると楔のような角度が付いていますが、真横になるとやはり垂直(に近い)ですよね。また、装甲が脱着式になっているようなのでそういったものも関連しているのでしょうか?

ご存知の方、教えて頂けないでしょうか?

閲覧数:
120
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2017/2/1522:56:58

装甲を傾けて弾を弾く発想を避弾経始というのですが、現代主流のapfsds弾には避弾経始がほとんど効果がないのです。

詳しいことは検索することをオススメしますが、ダーツみたいなほっそい砲弾をマッハ5で叩き込むことで「ユゴニオ弾性限界」を突破、装甲を「侵食」させることができるんです。
この砲弾の食いつきがものすごく、避弾経始しても「垂直な方向に装甲を掘り進む」という性質を持ってるんですわ。なので避弾経始の意味がない。

あと、このapfsdsと、もう1つheatという対装甲砲弾があるのですが、これに対して効率的な防御をしようとすると「複合装甲」という技術を用いる必要がありまして。
これはセラミックとか鉄板とかその他もろもろいろんな素材をミルフィーユにするっていう技術なんですが、曲面を作るのがすごく難しいのです。なので「傾斜装甲にしない」というよりは「傾斜装甲にできない」という。

アバター

質問した人からのコメント

2017/2/16 09:40:09

(人''▽`)ありがとう☆。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

2017/2/1606:01:08

車内スペースの確保が目的。

キツイ傾斜はその分デッドスペースが増える要因にもなるからねぇ。

あと、複合装甲やから傾斜装甲を採用する意義が低くなったのもあるやろね。

gjf********さん

2017/2/1523:37:32

使用弾種と耐弾性に対する要求が74式の時代といまとでは異なります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる