ここから本文です

①冷却水の高温化つまりオーバーヒートと言うのは何が原因で起きるのですか?

tio********さん

2017/2/1900:01:22

①冷却水の高温化つまりオーバーヒートと言うのは何が原因で起きるのですか?

②そもそも車の水温計と言うのは何の温度を測っているのですか?そして何度超えたらオーバヒートと言うことになるのですか?

補足クーラントと言うのは何でできているのですか?そして最大何度まで上昇することができる物質なんですか?

閲覧数:
159
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

daj********さん

2017/2/1900:06:17

人間の熱射病と同じ事が起きてるのですよ

  • daj********さん

    2017/2/1900:19:31

    冷却水は
    凍結と錆を無視するなら水道水でも構わないですよ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pos********さん

2017/2/1911:08:40

①何が原因
思っていた=設計したとおりに冷却できない。
たとえば、冷却水が漏れて少ない=空気が入っている、ポンプ不良で冷却水が回らない、ファン不良で冷却水が冷やされない、、、

②何の温度
冷却水です。

ところで、そもそも、普通は車に水温計は付いていませんョ。
水温計があるのは、後付けか、外車、国産車ですと旧車(昭和以前)くらい。

国産車の水温は冷・適・高温(もうダメ)の3点を表示するだけの機能で、高級感を出す装飾品として、針が動いているだけです。

>何度を超えたら

特にありません。
冷却水の回りが悪い・回らないとかですと、冷却水の温度は上がりませんがエンジンはオーバーヒートで壊れますし。

冷却不良などで、エンジンが想定外の高熱で壊れると、その結果論として「オーバーヒート」です。

冷却不良でないか水温が有効な判断材料ですが、一概に何度はNGってモノではありません。

人間の体温のようなモノでしょう。36℃~37℃、水温なら90℃~100℃ ってところかな。

>クーラントと言うのは何

水 です。

凍ると困るので、「不凍液(エチレングリコール)」を混ぜます。
エンジン内部がサビ無い様に「防錆剤」を混ぜます。
とりあえず、混ぜなくても冷却はOK。

水道水、ミネラルウォーター、ウーロン茶、お小水、どれでもOKですが、
基本は「蒸留水+必要なモノだけ」。

>最大何度まで上昇することができる
沸騰するまで。 水ですので100℃ほど。
乗用車の場合、冷却水路を密封して加圧されるので、110℃くらい。
加圧圧力は車によります。その圧力で水が沸騰する温度は、理科の教科書とおり。

jr1********さん

編集あり2017/2/1910:52:03

①冷却水はエンジンの加熱を防ぐためのもので、エンジンとラジエターの間を流れながら、エンジンの温度が一定以上に上がらないようにしています。
エンジンは冷えすぎると動きが悪くある程度、温まった方が調子が良いです。
なので、始動直後は、エンジンが早く温まるように、サーモスタットが閉じて、冷却水はエンジンの中だけを回るようになっています。
冷却水温が一定以上になったら、サーモスタットが開き、冷却水がラジエターに回り冷やされるようになります。
走っている時は、風がラジエターに当たって冷やされますが、停車時や渋滞時にはラジエターに風が当たらないので、冷却ファンを回して強制的に風を当てて冷やします。
なお、水は100℃で沸騰しますが、車の冷却系統は高圧に耐えられるようになっているので、100℃では沸騰しません。
という仕組みを理解すれば、オーバーヒートの原因は、概ね以下のようなものだと理解できるはずです。
⚪︎サーモスタットの故障で閉じたままとなり、冷却水がラジエターに回らない。
⚪︎ウォーターポンプの故障で水が十分に流れなくなる。
⚪︎ラジエターが錆びなどで詰まって、冷却水が流れなくなる。
⚪︎ファンが故障して、停車時や低速時にラジエターに風を送ることができなくなる。
⚪︎ラジエターキャップが壊れて圧力がかからなくなり、冷却水が沸騰する。沸騰すると気泡が発生するので冷却ができなくなる。
⚪︎冷却水が漏れて、冷却できなくなる。
といったところでしょうか。

②冷却水の温度を測っています。
エンジンは90℃位がちょうど良いとされていますので、多くの車では、90℃〜100℃前後で水温が推移するように制御しています。
また、エンジンオイルは125℃〜130℃で潤滑性能を失います。
ということで、オーバーヒートの定義は明確ではないのですが、一般的には、冷却水が沸騰して蒸気が吹き出してきたら誰でもオーバーヒートって気がつきますよね。
ラジエターキャップが正常ならば、115℃〜120℃でオーバーヒート、ラジエターキャップか故障していれば、100℃程度でオーバーヒートの症状が出るでしょうね。

国産のクーラントの主成分は、エチレングリコール、最近の欧州車はプロピレングリコールが主流(エチレングリコールは毒性が高いため)となっています。
これらは、いずれも凍結を防止することが主目的で高温に耐えるためのものではありません。
その他、錆を防止するための添加剤も入っています。
冷却性能は水が最も高いので、クーラントの濃度を高めると冷却性能は落ちます。
常温で水よりも比熱が高い液体はありませんので。

プロフィール画像

カテゴリマスター

maz********さん

2017/2/1906:57:09


ラジエター液漏れ
ラジエター液通路にエアが混入


サーモスタット近くの水温センサーから
温度計測・メーターに表示





クーラントと言うのは何でできているのですか

エチレングリコール

①
ラジエター液漏れ
ラジエター液通路にエアが混入

②
サーモスタット近くの水温センサーから...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ryu********さん

2017/2/1905:54:21

②エンジン内を水(冷却の為の)が駆け巡っていて、その温度を一箇所で計ってます。

fam********さん

2017/2/1900:26:52

① 原因
冷却水不足
ファンベルト切れ
電動ファン
ウォーターポンプ
サーモスタット
ラジエータキャップ


②水温計はエンジンの冷却水の温度を測ってます。車によって違うのでなんとも言えませんが110~120℃くらいでしょうか。

http://www.jaf.or.jp/rservice/data/heat/htest2.htm

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる