ここから本文です

脂溶性の成分は肝臓に蓄積されていきますが、蓄積されている間に代謝されないので...

アバター

ID非公開さん

2017/2/2316:48:31

脂溶性の成分は肝臓に蓄積されていきますが、蓄積されている間に代謝されないのですか?

閲覧数:
55
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

h_e********さん

2017/2/2319:40:53

脂溶性の成分って具体的になんであるかによる。
まあ、細胞中に貯蔵される脂質はほとんどトリグリセライドであり、脂溶性の貯蔵物質も多くはそこに溶けている。トリグリセライドは細胞中のオイルドロップレット(油滴)と言われる細胞内小器官に収納される。油滴と言ってもただの油のつぶが浮いてるんじゃなくて、ちゃんと膜(細胞膜や他の細胞内小器官でもみられる脂質二重膜)包まれている。この膜には油滴を貯蔵に適した大きなつぶにしたり、消化に適した小さなつぶにしたり、リパーゼによる分解を防いだりするタンパク質も組み込まれている。このようにして貯蔵や分解は積極的にコントロールされているので、蓄積されているだけで自然に代謝されるということはない。

関連事項をひとつあげると、ホッキョクグマを始め極地にすむ肉食動物の肝臓のビタミンAの高度の蓄積があります。
主食が寒い海の魚であるこれらの動物は、ビタミンAの接種が過剰になる。ビタミンAは過剰に摂取すると強い毒性があるんだけど、肝臓の油滴に閉じ込めることで防いでるんだって。つまり油滴は必要とあれば中身をしっかり封じ込め続けることもできるわけ。

アバター

質問した人からのコメント

2017/3/1 19:49:52

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tom********さん

2017/2/2319:24:59

ビタミンの話ですか?肝臓で余った分が蓄積。全部代謝されれば蓄積なし。
蓄積した分は代謝されますが、余る状態かどうかです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる