ここから本文です

上位数%の人が全体の97%の財産を持っているという。 民主主義は、基本多数決...

yah********さん

2017/2/2422:11:23

上位数%の人が全体の97%の財産を持っているという。
民主主義は、基本多数決で決まるのになぜそのようなことになるのか???

閲覧数:
61
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dec********さん

2017/2/2500:58:16

上位数パーセントというのを10パーセントとしましょうか。
つまり、上位一人に対して普通が9人いることになります。
日本人の平均年収が500万円ですから、普通の9人の収入の合計は4500万円です。
4500万円を全体の3パーセントとしたら、上位の人の年収は14億5500万円ということになります。

10人に一人が年収14億以上って現実的と比べておかしいと思いませんか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mit********さん

2017/2/2423:03:40

簡単に説明しますね。
世界を支配している人達がいます。その人達は、世界の国際機関や一流企業、警察、マスコミ、裁判所など、すべての頂点に位置します。日本政府も彼らの指示どおりに動いています。選挙は不正選挙をしているので彼らの指示どおりに従う人しか当選しません。ムサシという票集計機械で不正をしています。つい最近、その不正選挙を暴こうと活動していた犬山勝子議員が殺されました。死因は病死で処理されてしまいましたが、、、
彼らはできるだけ庶民のお金をしぼりあげ、生活するのに精一杯の状態にして彼らが支配していることを気づかせないようにしています。また、戦争を起こし、武器を売ったり、石油の利権をうばったりしてぼろ儲けします。世界で起きている戦争はすべて彼らが起こしました。エネルギー、藥、食料等全ての業界を傘下に置いているので、お金は自動的に彼らのもとにあつまります。だから数%の人が97%の財産を持つことが出来ます。

irr********さん

2017/2/2423:00:39

人間には欲望があるから
人間には能力の差があるから

そして民主主義は、欲望、能力を否定しないからだろ。

人間の社会が成立すると、それは王族や貴族などの特権的身分が発生するのは必然。なぜなら、人間は生物として平等ではなく、明らかに能力差もあり、欲望にも差がある。

民主主義が、過去の王制や貴族制と関係が無いと考えるのは大きな誤り
民主主義であろうと、その体制が欲望や能力を容認する限り、必ず王族のような特権階級を生み出す。
現代の民主主義の下では、王族、貴族と名乗らないだけであって、実際には現代の王族、現代の貴族は存在する。

それを民主の名の下に、誤魔化しているだけなのかもしれない。

jir********さん

2017/2/2422:46:15

その数字は米国ですね。米国では3%の富裕層が残りの97%を支配しているのが現状です。民主主義は基本的には無責任主義といえる多数決という公平性を全面に出した形ですが、ようは内容とかではなく数で勝敗が決まるし、これについて誰も責任を負うことのない世界が民主主義です。絶対主義、独裁主義は悪のような風潮があるが、これにあは責任の所在が明確にわかるという点は無責任とは言えないかとも言える。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる