ここから本文です

B型肝炎給付金の訴訟についてお聞きします。 当方38歳男性。

nek********さん

2017/2/2518:32:56

B型肝炎給付金の訴訟についてお聞きします。

当方38歳男性。

去年、気まぐれで献血をしたのですが、その際の血液検査の結果は
「あなたはB型肝炎ウイルスに感染していましたが、現在は治癒しています」という
ものでした。全く予想もしていなかったのでビックリしたのですが、
これまで症状も不便もなかったので、まぁもう献血が出来なくなったくらいに
考えていました。
そして最近、B型肝炎訴訟というものの存在知って調べた所、
無症候性キャリアに自分が当てはまっていたので、50万円の給付金を
受けれるかもしれないと思い、○リー○ストさんに依頼し
すでに自分も両親も検査を受け、その結果を弁護士に送付した所です。

そこで質問なのですが、両親は全ての抗原抗体が陰性でした。
自分はHBe抗体という物だけが陽性で、医者にも
「確かに感染していたみたいです、今はもう治ってるから治療は必要ないですね」と
言われました。
そこは一安心だったのですが、どうも調べた所、HBe抗体が陽性というだけでは
訴訟まで持ち込めない様な気がしてきました。
HBs抗体などが陽性なら文句なしなんですが。

あと母子手帳は現存しており、昭和57~58年前後に合計4度ツベルクリンの
予防接種は受けていました。
はんこ注射の接種痕もあり、医者にて証明書も出してもらいました。

これで訴訟に持ち込めるものなのでしょうか?
事務所からも数日後には連絡が来るでしょうが、
みなさんのご意見も聞きたいです!

閲覧数:
2,706
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ika********さん

2017/3/416:09:24

一過性の感染で感染し治癒した状態です。

簡単に言えば性病を貰って自然治癒した状態。

だからキャリアでもなければ訴訟対象じゃない。

これが持続感染。
HBs抗原(+)
HBc抗体(+)
HBe抗原(+)
あなたのどこが持続感染なの?
治癒してますよ。

急性B型肝炎でググってみてください。

訴訟はね大変でしたよ。
最初、勝ち取るまでの5年は長かったんですよ。
いまじゃあちこち弁護士がやってますが、
最初は我々だけだったんですよ。

あなたの場合、訴えるのは国ではなく感染させた異性が訴訟対称になります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「b型肝炎 給付金」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

suz********さん

2017/2/2813:37:12

どうも誤解されています。
HBV感染していていて症状が出ていない状態をキャリアと言います。
過去に感染していて治癒している人は何の問題もないので補償対象ではありません。
感染履歴があれば抗体があるのは当然です。
但し、献血は出来ません。
大丈夫なのですが万万万が一の再発可能性も0ではないので。

vai********さん

2017/2/2708:42:37

対象じゃないよ~

VAIBS

kon********さん

2017/2/2520:44:46

私の正直な感想を記載します。

訴訟とは、基本、これだけの期間こんなつらい思いをした‥のせいで
という時に・・に損害を賠償してもらうために起こします。
被害を被った訳でないのに、お金を請求しても賠償金はもらえない。
これが基本的な賠償に対する考え方です。

おそらくこの50万円の給付金と言うのは、最近、所得の低い人を対象に
3千円の給付金が出たでしょう?それと同じ意味だと思う。
つまり、一時的な生活のたし、解りやすく言えば、治療に薬代がかかり
仕事も体力がないからまともにできないから、助成します。
というものだと思います。

B型肝炎と言えば性交渉で移るから、対象はあくまで予防接種で
感染して、現在も治療を要する人だと思います。
50万円の給付金というフレーズで私はそう予想します。
弁護士からの報告を待てないなら、弁護士に相談するなよ・・。
こんな感じで良いですやろか?

tem********さん

2017/2/2520:02:01

厚労省のホームページに資料があります。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou...

救済対象になるための証明書類は、以下に書かれています。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/00...

「 要件1:B型肝炎ウイルスに持続感染していること」として、
・HBs抗原陽性
・HBV-DNA陽性
・HBe抗原陽性
・HBc抗体陽性(高力価)
のいずれかが必要になります。これを読む限り、HBe抗体のみ陽性では対象になりません。

「その他、医学的知見を踏まえた個別判断により、B型肝炎ウイルスの持続感染が認められる場合があります」とも書かれているので、弁護士の意見も聞いてみてください。

医学的に言っても「B型肝炎ウイルスに感染していたが、現在は治癒」という場合は、キャリアとは言いません。「無症候性キャリア」というのは、「体内にウイルスがいるけれども症状としては出ていない」状態で、「治癒」という場合は「体内にウイルスがいなくなった」状態を指します。もしキャリアなら、「今はもう治ってるから治療は必要ないですね」とはならないですよ。少なくとも定期的に検査を続ける必要があります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる