ここから本文です

すべての理論は仮説である。どんな理論も(反証が現われれば)否定されうる。 ...

アバター

ID非公開さん

2017/3/300:08:01

すべての理論は仮説である。どんな理論も(反証が現われれば)否定されうる。

自然科学の世界では当たり前のことですが、文学部卒業生にこのことを納得させるにはどうしたら良いか。

Karl Popperの著書を読ませれば良いと思いますが、もっと手軽で広く読まれている本があれば教えてください。

閲覧数:
60
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

htm********さん

2017/3/312:58:08

>どんな理論も(反証が現われれば)否定されうる。

これは誤解される表現だと思います。文科系の人に説明する時には「理論」という言葉でどういうものと考えているのかを確かめたうえでないと新たな誤解を生みだすもとになります。「理論」の意味にも幅があります。「どんな理論でも」と言えばその幅に無関係に成り立つという主張です。それが否定されるというのは理論全体が否定されるということになります。

「理論」に対して「〇」か「×」で考えるという二者択一的な思考を当てはめていいという前提を無意識に使っているとすればおかしいです。理論にも幅があります。反証も万能ではありません。理論のどの部分にかかわる反証なのかの吟味が問題になります。
「理論」の意味を狭くとれば二者択一的な判断の対象になりうるものもあります。でも理論が「思考の枠組み」として確立したものであるとすれば反証が現れても修正されるだけです。全体がひっくり返ることはありません。「反証」と言われているものがふつうは部分的なものだからです。理論の枠組み全体に対する「反証」というのはめったに出てくるものではありません。「反証」が反証として成り立つためにはやはり一定の思考の枠組みが必要だからです。ある現象を「反証」として採用すると判断した人の思考の枠組みも問題になります。

こんな風に書いてもどこかしっくりしません。
>どんな理論も(反証が現われれば)否定されうる。
と一行で書いてしまうこと自体に無理があるからではないでしょうか。

「理論」も「反証」も含んでいる意味に幅があります。読んだ人がどういうものとして理解するかは一通りではありません。「どんな理論でも」と「どんな」を付けた表現を安直に使うと「どんな反証であっても」という安直な解釈を誘発してしまう可能性があります。

わたしは高校の理科の教師をしていました。
教育実習のために卒業生が毎年来ます。
その中に
「理想気体の理論は間違っている。なぜ高校の化学で教えるのか。」
「大学ではファンデルワールスの状態方程式が正しいと習った。」
という学生がいました。
高校の化学の教科書でも実在気体と理想気体ではずれが生じる場合があるというのは出てきています。でもそれを正しいとか、間違っているとかの判断の対象にしてはいません。でも彼は「ずれが生じる(=値が一致しない)ということは理論が正しくないということだ」と判断しているようです。大学での授業がそういう考え方をすることを推し進めたようです。
彼はずれが生じているということを「反証」だととらえたようですが私はそれが「反証になりうる」とは思っていないのです。
理想気体の状態方程式もファンデルワールスの状態方程式も近似式です。近似の程度に違いがあります。気体という物質の状態を初めて数式にとりこむことができたのが理想気体の状態方程式です。それによって気体とはどういう状態であるのかという認識も深めることができました。それが十分でないとところがあるからと言って否定の対象になるとは思っていないのです。
でも文系の人に大雑把な話をしてしまえばこの実習生と同じような考え方をすることを誘導してしまうのではないかと思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/3/313:13:49

    理想気体の状態方程式が間違いであることは確かです。問題はそれが実用的な近似式として使えるか使えないかです。高校の範囲を逸脱するかもしれませんが、平衡状態の熱力学も厳密には現実と合いません。それを間違いかどうかと言われれば間違いです。しかし有効な近似として成立する場合が多い。さらには学習上の効果や現実の研究の進め方を考えると、不正確だが現実とのズレが少ない近似式であり単純で見通しが良い理論と現実との一致度が高いが複雑で見通しが悪い理論を比較すれば、前者が優る場合があります。

    なお「否定されうる」と「否定される」の違いにご注意ください。後者は必然的な事象を述べますが、前者は単に可能であるに過ぎません。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/3/9 13:50:00

回答ありがとうございます。理想気体の方程式は厳密に言えば間違いです。しかし教える必要がない理論とは思いません。教える必要がないと極論する人たちと私は違います。理想気体の法的式を教えるべきという結論は同じです。違うのは間違いとは何かという点です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる