ここから本文です

ベンチプレス180キロ上げれる人がブラジリアン柔術の道場に入ったのですが 入...

アバター

ID非公開さん

2017/3/916:39:10

ベンチプレス180キロ上げれる人がブラジリアン柔術の道場に入ったのですが
入ったばかりの中では少し強いって程度でした、青帯には誰にも手も足も出ないレベルです、

ウエイトトレーニングしても格闘技はあまり強くならないのですか?

閲覧数:
1,743
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syuri-soulさん

2017/3/1318:50:04

単純にその人に柔術のセンスがないだけです。

通常はパワーがある方がグラップリング系の格闘技は有利なので。

逆にベンチ180キロとか挙げるヤツを技術で抑えるってかなり技術差がないと無理だと思いますけど。

素人とはいえボブ・サップみたいなヤツを手も足も出ないくらいにできるってその辺の柔術家にできるんですか?

それこそノゲイラみたいな人でないと無理だと思うんですが。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tor********さん

2017/3/1621:15:41

トップレベルの競技者はフィジカル以上に技術を徹底的に練習しているのでそうしたタイプには勝てなくて当然です。

例えば柔術のトップ選手は長期戦になっても戦えるように技をかける際に力をほとんど使いません。
「こうするだろ?ここだけに集中して技をかければテコの原理で少しの力で相手は挟まって身動き取れなくなるんだ」などとか言いながらパワーを温存しつつ技術面ですごい技をかけてきたりします。
絡まった糸をほどくのは凄いマッチョの人でも容易にほどけはしません。

パワーのある人はどうしても鍛えたパワーをフル稼働しがちになってしまうのですぐに疲れてしまう欠点もあります。

その鍛えたパワーをあえて温存しながら小出しにしつつ、テコの原理などで技をかけられるようになればいいと思うんですが
そうなると必要以上のパワーって必要ないような気がするんですよね。
相手を胸筋で持ち上げるような技とかあるわけじゃありませんし。

技は「技術」で更に向上します。
ヒョロヒョロの柔術家がムキムキマッチョにあっさり勝ったりするのは技の技術力が高すぎるからです。
だから見た目的には不思議な光景になるんですけどね。

mas********さん

2017/3/1617:05:25

いえいえ筋肉は重要です。
海外の格闘家は日本人格闘家以上にウエイトトレーニングをやり込んでいますよ。
その上でテクニックを身につけています。
日本人は技術面ばかり重要視してフィジカルは後回しにしがちですよね。

ベンチプレス180kgは凄い胸筋の持ち主ですので押さえつけとか強いと思います。
ただ以前、アメリカのMMAジムに通っていた時に、
ベンチプレス508ポンド(日本の単位で換算すると230kg!)を挙げる人が入ってきたのですが、その彼は柔術の押さえ込みがすごく強かったです。
やはり230kg挙げるほどの胸筋なのでそのパワーで抑え込まれると大変ですよ。

しかしその後、体重85kgで35kgプレート2枚で合計70kgのプレートをつけて順手ワイド懸垂をする猛者がやってきました。(ベンチプレスの人が入ってからかなり月日が経っていましたが)
その彼は85kgなので合計70kgプレートをつけると総重量は153kgになります。
その状態で順手ワイド懸垂が少なくとも3reps挙がっていました。
しかし彼はベンチプレスは確か苦手だったはずです。100kgが2〜3回くらいしか挙がらなかったかと思います。

でも対戦するとベンチプレス230kgを挙げる人よりも、懸垂153kg3repsの人のほうが圧倒的に強いんです。
ベンチプレス230kgの人はグラウンドでの押さえ込みは強いものの
スタンドでの打ち合いや引き込みは筋肉の割には弱く
逆に懸垂153kg3repsの人はスタンドでの打ち合いも素早くて
パンチ力もメチャクチャ重くて強かったですし、引き込みやタックルもずっと強かったです。

ベンチプレスは主に胸筋ですが懸垂は背筋がメインになります。
胸筋よりも背筋のほうが大きいので背筋が強いほうが格闘技には向いていると思います。

例えばK-1やボクシングでもベンチプレス200kg挙げる怪力自慢が、ベンチプレスで100kg程度も挙がらないテクニシャン系の選手にボコボコに圧倒されたりするシーンはよくありますからね。
ボブ・サップがいい例かもしれません。
彼は250kg以上のベンチプレスを挙げるほどの怪力の持ち主ですが
パワーでは遥かに劣るミルコやレイセフォー、ピーターアーツなどに完敗しています。

打撃系格闘技ではベンチプレスは生きないのかもしれません。
ただ総合格闘技や柔術などと言った技の世界ではベンチプレスのパワーは意味がないとは思えません。

柔術トップクラスのヴェウドゥムやクラウディオ・カラザンスや
グレイシー柔術のクロン・グレイシーなどがベンチプレスも強いか?と言われればそうでもありませんが
一般的にはベンチプレスで高重量を挙げるような人は同じレベルの者同士ならパワーの差で技術面が劣っていてもなんとかなったりしますよ。
それ以上よりもっと上を狙うのであれば技術面だけの最大強化が必要になってきますが、ミドルランクより下くらいならパワーがある人のほうが有利です。

けんとさん

2017/3/1601:28:16

質問と関係ないですが。
ベンチプレス180って相当才能ないと上がりませんよ。
固定した所から上げるだけとは言いますがその上げることができない人が世にはたくさんいるわけです。

テクニックを学べば化物になるんじゃないですか。

mun********さん

2017/3/1212:42:45

当たり前じゃないですか。。。
言い方悪いですが、筋肉バカとテクニックのある人とが試合したらテクニックある人にあしらわれて終わりですからね。

uya********さん

2017/3/1013:13:17

ベンチプレスの重量順に強いわけじゃないですからw

ベンチというのはあくまである姿勢においてこれだけの
重量の物を持ち上げられますよという一つの目安でしか
なく、強さとの直接的な関係性はありません。

もちろん技術が同じ同士であれば力があるほうが有利
ですが、技術に差があればいくらパワーが有っても意味は
ありません。

かけ算九九世界一の人が東大に入れるかと言うような話です。
そんな人がいるかどうか知りませんがw

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる