ここから本文です

雛人形の左大臣、右大臣について教えてください。

har********さん

2017/3/1313:45:29

雛人形の左大臣、右大臣について教えてください。

一般的には、左大臣の方が右大臣より位が高く黒い着物を来ていると思うのですが、我が家のお雛様は左大臣が赤色の着物を来ております。

また、顔の色は、左大臣が肌色で右大臣が白色ですが、手の色は左大臣が白色で右大臣が肌色です。
この理由は何でしょうか?

黒い着物には肌色の手で赤い着物には白色の手がつく理由でもあるのでしょうか?
お顔の色とちぐはぐにする訳は?

まとめると・・・
■一般的
左大臣 着物→黒 手→肌色 顔→肌色
右大臣 着物→赤 手→白色 顔→白色

■我が家
左大臣 着物→赤 手→白色 顔→肌色
右大臣 着物→黒 手→肌色 顔→白色

ちなみに、雛人形のカタログを見ると、一般的なものも我が家と同じ配色のものと両方載っておりました。

左大臣と右大臣の着物の色が逆の場合は、右大臣の方が位が高い事もあると聞いたので分かるのですが、肌の色と手の色が違うのが気になります。

回答よろしくお願いいたします。

閲覧数:
414
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rac********さん

2017/3/1409:13:48

従来はよく左大臣・右大臣といわれた人形ですが,
装束が武官であるため,最近は「随身」と呼ばれます。
しかし,有職故実に則った判断では
近衛中将・少将であるともいわれます。
http://hina-matsuri.jp/lern_story04.html

さて,質問者様の人形ですが,確かに変ですね。
顔の色と手の色が違うなんて。
そこで,一発で解決する方法があります。
「人形の顔を差し替える」これだけ。
顔をじかに触ると,手の油で変色することがあるので
直接触らないように気を付ければよいのです。

雛人形は,胴体と顔が別々に作られ,最後に組み合わけせます。
人形の顔(頭)は単純に胴体に差し込んであるだけなので
顔を入れ替えることが簡単にできます。
おそらく誰か(人形店か?)が間違えたのでしょう。

  • 質問者

    har********さん

    2017/3/1918:57:38

    ありがとうございます。
    なるほど、近衛中将・少将というのは初めて聞きました。

    お顔の差し替えは、私も最初はおっしゃる通り間違いかと思ったのですが、カタログ(パンフレット)の写真も手と顔の色がちくはぐのまま載っているのです。
    それも間違い?とは考えにくいと思うのですが、やっぱり人形店の間違いなのでしょうか?

    ただ、race1063様が知る限りでは、手と顔の色がちくはぐな理由など存在しないため、単なる間違いである可能性が高いということですね。
    回答ありがとうございますm(._.)m

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる