ここから本文です

一般に、ナチスは無神論でキリスト教ではなかったとされています。戦後教育の一種...

蝙翔鬼さん

2017/3/1413:40:16

一般に、ナチスは無神論でキリスト教ではなかったとされています。戦後教育の一種です。

ところで、本当のところナチス党員にキリスト教の洗礼を受けた人は多いと思いますが、ナチス首脳でキリスト教徒はいましたか?

閲覧数:
178
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

osh********さん

2017/3/1415:40:39

ナチスは無神論ではありません。

ヒトラーは神を信じていました。「私は私自身の信念に従って行動している。他人が黙祷するのを妨げるつもりはない。しかし、神への冒涜は許せない。私のために頼んでもいない祈祷などしてくれるな。」



ナチスの反ユダヤ主義は1600年継続されたキリスト教の反ユダヤ主義を受け継いだものです。

聖書に反ユダヤ思想がある。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n358573

ヒトラーはイエスを尊敬していました。

ヒトラーは週末的歴史観を持っていた。

ヒトラーの千年王国思想もキリスト教の教義を受け継いだもで、

ヒトラーは、世界統一政府(新ローマ帝国)ができたとき、「天からエルサレムが下りてくる。千年王国が始まるのだ」と言っていた。


民族浄化思想も聖書の思想を受け継いでいる。

ヒトラーカトリックで洗礼を受けていますが、ヒトラーはドイツの先人の中ではマルティン・ルターを最も敬愛していました。

ナチスに積極的に協力したのが、ルター派教会です。
ルター派教会の信条の中にある教会と国家についての考え方にその原因があると言えるといわれています。プロテスタント神学者が、それ固有の民族主義的傾向のゆえに、国家社会主義者としてナチズムを直接間接に支持する歴史的役割を果たした。

ルターのユダヤ人撲滅を主張する論文「ユダヤ人と彼らの嘘」はヒトラーに多大な影響を与えた。

1、 シナゴーグやイェシーバーを、跡形残らず徹底的に焼き払うべし
2、更にユダヤ人の所有する家をも打ち壊し、所有者を田舎に住まわせるべし
3、宗教書を取り上げるべし
4、ラビの伝道を禁じ、従わないようであれば処刑すべし
5、ユダヤ人を撲滅するための方途を穏便に実行すべし
6、高利貸しを禁じ、金銀を悉く没収し、保管すべし
7、ユダヤ人を農奴として働かせるべし
第二次世界大戦以降、学問の分野で支配的となった見解[4]は、本論文が宗教改革からホロコーストまでの数世紀において、ユダヤ人に対するドイツ人の態度に少なからぬ影響を与えた、というものであった。

ヒトラーがユダヤ人を迫害したのはキリスト教徒たる民衆の支持を得るためでしょう。

キリスト教社会には反ユダヤ主義が蔓延し、社会的不満が蓄積してくるとその怒りがユダヤ人に向けられる構造が出来上がっていたのです。

教会はナチスに協力した

ナチスに積極的に協力したのが、ルター派教会です。
ルター派教会の信条の中にある教会と国家についての考え方にその原因があると言えるでしょう。
プロテスタント神学者が、それ固有の民族主義的傾向のゆえに、国家社会主義者としてナチズムを直接間接に支持する歴史的役割を果たした。
ルターいわく
「ユダヤ人は、元々流浪の民なのだから、本来一文無しのはずだ。彼らが所有するものはすべてもとはわれわれの財産だったのだ」

カトリックもナチスに手を貸しました。
1933年3月23日、法王の命令でドイツのカトリック系の政党である中央党(=Zentrum、1870ー1933)はヒトラーの権能付与法に賛成し、 7月5日には中央党とカトリック系バイエルン州民党を解散させました。その結果、ヒトラーに対抗する政治組織はなくなりました。
カトリック教こそ誰よりもヒトラーの権力掌握を助長しました。なぜなら、ワイマールの民主主義では、政教条約を成立されることは出来ず、無神論の共産党やユダヤ人の迫害も不可能でした。

教会の最も卑劣たるところは、以前はヒトラーを敬謙なカトリック教信者と崇めたのに対し、現在では「我々教会および法王は最初から無神論者のヒトラーに大反対してきた」とうそぶいていることです。
最も早くナチドイツを認知した(外交関係を回復した)法王は最初の抵抗者に変身しました。

ナチスは無神論ではありません。...

質問した人からのコメント

2017/3/14 16:34:37

ベストアンサーです。
文句ありません。
聞きたかったことに回答していただけました。ありがとう。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yta********さん

2017/3/1414:52:54

洗礼を受けた人がキリスト教徒である、とするならば
ナチス党員でキリスト教徒でない人などいなかったのではないかと思われます。
ヨーロッパで生まれたら、自分で宗教を選べるような考えを持たない幼児の時に洗礼を受けさせられてしまいますからね。
で、目に見えない心の中の問題ということになると、ローマ法王でさえキリスト教徒でない可能性がある。それはだれにもわからない。
形式的に、社会的にキリスト教徒であるかどうかということなら、ナチスの党員も、ほぼ全員キリスト教徒です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる