ここから本文です

バス釣りについてですが、よく夏など、炎天下に車内にロッドを積んでる車を見ます...

アバター

ID非公開さん

2017/3/1420:10:13

バス釣りについてですが、よく夏など、炎天下に車内にロッドを積んでる車を見ますが、やはりロッドに悪影響ですよね?

その都度積み下ろしすればいいはなしですが、手間もあり、もしもあるならば、何か改善策はないでしょうか??

閲覧数:
909
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rho********さん

2017/3/1500:05:17

私は真夏でも車内に積みっぱなしで、一番長いロッドは10年くらいになりますが、特に問題はないように思います。

まあ、窓は少しだけ開けておくのでそれほど高温になることはありませんが、それでも60℃~70℃くらいにはなるかもしれません。

ただ、カーボンロッドは140℃~170℃くらいで硬化させるので、そのくらいの温度では平気でしょう。

むしろラインの劣化や、リールのグリスの劣化等の方が気になりますね。

まあラインは2~3日使ったら替えるし、リールのメンテも頻繁に行うので、それについても問題は無いですね。

アバター

質問した人からのコメント

2017/3/21 12:51:56

他の方もありがとうございました!参考になりました

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/3/1505:00:37

いつも窓を少し開けてますよ~♪
竿よりラインの方が悪くなる感じですね~(≧∇≦)

tod********さん

2017/3/1421:27:30

改善策があるとすれば、炎天下の車の中を暑くしない画期的な方法だと言えますね。そんな素晴らしい方法が仮にあったとして、なぜそんな方法が広まっていないのでしょうか?真夏に車の中が空調をかけなくても暑くならないなんて革命的ですよ。内装の寿命も延びるし、閉じ込められて熱中症で死んでしまう子供も過去の話になります。素晴らしいですよね。そんな方法があったらマスコミも役所もこぞって広めますよ。

つまりですね、そんな都合のいい方法なんてあるわけないってことです。

moe********さん

2017/3/1421:14:31

夏、車載した8本程のロッドから3本程度をピックアップし陸っぱりすることがあります。

その際は、①可能な限り木陰に停める ②少し窓をあけておく ③直射日光よけと目隠しの為バスタオルを掛けておく。

以上をしています。
車を走らせる際は、先ず窓全開で車内の空気を入れ替えます。

どこまで効果があるかわかりませんが、私は、こんな感じですね。

asasa023さん

2017/3/1420:45:07

車の窓を閉め切って炎天下の中に放置すると車内温度が70℃~最大で90℃近く上がるそうですよ。
そんな中でガイドスレッドのエポキシが一番最初にやられてしまいます。
次に天然素材ですね。
カーボンに関しては釣り竿では120℃~130℃位で焼き入れするタイプを使っているらしいので、問題ないと思います。
EVAやコルクは問題なかったです。

私も実は試した事があるのですが、ガイドのエポキシ部分がひび割れてダメになりましたよ。そしてウッドのグリップが割れました。

改善策は暑くならない様にするだけだから、適当に考えたらどうでしょ?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる