ここから本文です

【法律・36協定】会社に労働組合が存在していないのに36協定が存在しているのはな...

pos********さん

2017/3/1422:54:09

【法律・36協定】会社に労働組合が存在していないのに36協定が存在しているのはなぜ?

家族経営で役員が父親の会長と長男の社長と次男の常務と叩き上げの支店長の部長の4人しか役員がいない。

会社の労働組合は家族経営者の会長と社長と常務に部外者の支店長の部長で作って部長が同意して出来たらしい。

部長は役員で役員手当があって残業代もボーナスもない代わりに毎月の給料がべらぼうに高い。現状に不満がない待遇の引き換えに36協定に従業員一同が同意したということになっているが、

役員会に従業員は出席出来ないので勝手に36協定ができて労働組合も親族以外で言えば部長しかいないのでどうやっても多数決で3:1で負ける。

経営陣が家族なので経営者側の都合が良い条件で労働規則が出来上がっている。

転職者には36協定の話をせずに内定後に「うちは残業代出ないから」と伝えるのが恒例となっている。

さらに36協定のほかに年間720時間間、1年のうち一ヶ月間は月100時間の残業を認めるという国が労使と相談して決めてねと作った法律を悪用して年720時間、月45時間タダ働きをさせている。

せめて36協定や年720時間の残業は労働組合が存在している会社のみにして頂きたい。労働組合に経営陣が入っているのがそもそもおかしいと思う。

もしかして労働組合は経営陣は入れないので会長と以外の社長と常務と部長で3人で決めているのかも。

残業代出ないことは36協定で同意済みなので合法なんだよと威張っている搾取経営者をギャフンと言わせてやりたい。

36協定は社員だけの労働組合でも上の役職の人たちが決定すると平社員に取っては不都合なので労働組合は平社員と経営陣との協議で決めるものとする。

中小企業には36協定は適用出来ない。

等の大企業の労使関係がしっかりしているところ以外は使えないように法改正すべきだと思う。

中小企業の経営者が悪用して違法労働を合法だと勘違いしている。

閲覧数:
313
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mad********さん

2017/3/1423:25:33

そもそも36協定があることと残業代が出ないことは別の話なので、貴方が持っている情報は足りないと思います。

固定残業代制度を導入しているにしても、固定の分の残業代は払う必要がありますので、まずは情報を確認するところから始めることをお勧めします?

質問した人からのコメント

2017/3/15 07:50:12

みなさん回答ありがとうございます

じゃあ普通に違法労働ですね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる