ここから本文です

モンゴル軍よりも、フランスのほうが馬が上手いのですか。 明治以降に日本もフラ...

unk********さん

2017/3/1715:58:41

モンゴル軍よりも、フランスのほうが馬が上手いのですか。
明治以降に日本もフランスから馬術?

騎兵の仕組みを取り入れたようです。
いっぽうでモンゴル人は、馬の扱いにかけては右に出るものがいないようですね。

閲覧数:
61
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

izu********さん

2017/3/1722:34:55

近代の欧州の騎兵と中世以来のモンゴル帝国の騎兵は全く異なり比較できるものではありません。

モンゴルは遊牧騎馬民族主体で子供の頃から騎馬に習熟しており、その騎馬隊も他にまねのできないもので、日本人が取り入れることができるものではありません。

しかし、フランス等の欧州列強では、近代的な軍における他の兵科と連携した騎馬隊の用兵が発達しており、体格の良い欧州馬による日本馬の改良も兼ねて、この欧州の騎馬隊の用兵術を取り入れることになったのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yta********さん

2017/3/1721:52:03

モンゴル人よりフランス人のほうが馬術が優れているとは思いませんが
鹿鳴館など作った明治時代ですよ。
何でもヨーロッパ式にしないと、欧米から野蛮な国だと思われる、という強迫観念があります。モンゴル式の採用など絶対にない。

ris********さん

2017/3/1721:46:12

時代が違って遊牧民の騎馬術と近代国家の騎兵だと全然内容が違います。銃砲を装備した日本軍騎兵の訓練で年齢一桁から馬に乗って世話させ500km四方の平原で弓で敵を射る練習をさせるのはどうかという話です。

近代軍では騎馬兵だけで組織されているような遊牧民軍では意味がなく、大砲と歩兵と連携して攻略する必要があるので単純に乗馬ではなく騎兵として優れた軍略がないとなりません。

騎兵も当初はドイツ式を取り入れるつもりでした。当時は普仏戦争でドイツが圧勝したので、なんでもかんでもドイツを取り入れれば間違いないという世界的風潮がありました。

ところが左遷としてフランスに行かされた秋山氏によってフランスのほうが馬の扱いが上手いということが分かり、政府に打診することで結局騎兵だけはフランス式を取り入れていきました。

フランスは戦争で大敗したもののナポレオンの時代からずっと騎兵に関しては世界的に優秀だったようです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる