ここから本文です

賃貸店舗についての質問です。

アバター

ID非公開さん

2017/3/2006:19:45

賃貸店舗についての質問です。

契約書上の契約者は私のビジネスパートナーのA、私が経営委任で店舗の営業を任される事になりました。
賃貸の契約書類には、賃貸の貸出主の承諾なく転借は禁ずる、となっていたのもあり、Aと私、二人で不動産会社と貸出主に挨拶に行き、行政書士をたて、契約者はA、店舗代表は経営委任の書類で私だと説明をし、行政書士が作った物件の使用承諾書と経営委任の書類を確認し、不動産と賃貸主に印鑑とサインも貰いました。

ですが翌日、その件で転借だ、という事になってしまい、不動産と貸出主が、Aの借りた賃貸の転借をしないという誓約書を勝手にかわしてしまったそうです。
かつ、Aにも転借をしない誓約書を書くように言ってきました。

法人ではなく個人で借りた賃貸の店舗のため、契約者が複数であるのが難しいと言われ、契約者A、経営委任等の話も納得して頂き、承諾書を書いて頂いてからの契約で、店舗の中は私とAの自己負担で200万近くかけて改装をした後での、転借禁止の話でした。

不動産と店舗貸出主様はAが私に転借をしていると急になってしまい。
Aは投資家、私はプレーヤーとして今までも10年近く仕事をしてきた為、私が経営委任から下ろされるとAはプレーヤーとしては仕事は全くできません。
そうなりますとあの店舗を借りた意味もなく、かつ、
賃貸を返すとなると店に使った内装費用などもすべて無駄になってしまいます。

これだけ、説明や承諾書を頂いていても個人で借りた賃貸の店舗のオーナーAが、私を店頭に立たせることは転借になるのでしょうか?
しかも、賃貸契約書に賃貸主の承諾がない場合は転借を禁じる、となっていて、Aが経営委任で私に任せるという書類にも、使用承諾書にもサインは頂いているので何もこちらは違反していない気がするのですが...

そして、さらにですが転借をしない、という契約書を書くとしたらどのような書き方をすればいいか教えてください。

説明が下手で申し訳ありません。

閲覧数:
17
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/3/2006:47:27

批判的な内容になるかもしれません。
そもそも誤解を招く説明をされたのは、貴方様にあるような気がします。

契約者様がオーナーであるとするならば、貴方様は店長という立場であると説明していれば問題なかったのではないですか?
挨拶の際も店長ですと言っておけば、何も誤解されなかったと思います。

転借しないという書類を書くなら…とありますが、契約書に記入している時点で必要ないと思います。

一般の方に説明するのであれば、分かり易く簡潔に。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。