ここから本文です

皆が珊瑚海海戦時の熟練搭乗員(夜間離発艦、攻撃ができる)が、充分に訓練を積んだ...

中将さん

2017/3/2713:56:53

皆が珊瑚海海戦時の熟練搭乗員(夜間離発艦、攻撃ができる)が、充分に訓練を積んだ上で烈風、流星に乗れば、アウトレンジ戦法はできたでしょうか?

(ふざけた歴史ガン無視質問ですが、あくまでも前提条件がすべて揃ってるものとお考えください。その時代に烈風や流星は無いよ、とか訓練やる時間がない。第一愛機から離れるわけない。等と言う前提条件ガン無視のうんちく回答はお控えください)

補足すみません、言葉が足りませんでした。
珊瑚海海戦で、ではなく珊瑚海海戦の時の搭乗員で、と、言う意味です。

こちらも条件が足りませんでしたね。

1、空母は、
赤城、加賀、飛龍、蒼龍、翔鶴、瑞鶴、飛鷹、隼鷹、大鳳、祥鳳、瑞鳳
2、機体はその機種での搭乗数限界まであって、搭乗員は珊瑚海海戦時の熟練搭乗員と同じくらいの練度を持っている搭乗員が限界搭載機体数×1.2倍
3、護衛艦は連合艦隊総力
4、石油、弾薬は満載とする
5、軍艦の操縦員は皆、南雲忠一位
6、形態はすべて最終形態
7、戦場はマリアナ沖海戦
8、機銃員は全て南太平洋海戦時の熟練員練度
9、艦艇は空母を除いてその全てが機動艦隊の囮として沈むことに疑問を持っていないし、積極的に行動してくれる(神重徳が自制心を持ったくらい)
10、基地航空隊は半分程度減少していて熟練度は米海軍の中間操縦員程度
11、策敵は基地航空隊の二式大挺とカタリナが同時に発見して司令部まで詳細に至るまで報告されたものとする

で、アウトレンジは成功するでしょうか?また、日米の損害はどの程度になるでしょうか?

閲覧数:
128
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ymn********さん

2017/3/2716:13:15

熟練搭乗員であれば、烈風や流星に乗らなくても、少なくともマリアナ沖海戦の時よりは、戦法として効果が発揮できたと思います。

小沢機動部隊の行ったアウトレンジ戦法は、日本艦載機の航続距離の長さを生かして、敵の攻撃範囲外から攻撃隊を出撃させることです。
マリアナ沖海戦の時は搭乗員が未熟だったことと、米艦隊の防衛が固かったため、これといった戦果を上げられませんでした。

烈風・流星に乗ればなお良しだと思います。

  • ymn********さん

    2017/3/2801:34:37

    先に、日本の生産力を考えないことも前提条件ですよね?
    でないと空母に搭載するべき艦載機数を積めませんからね。

    1で示した空母の全艦載機数は約700機になります。しかしあくまでこれは烈風・流星のものではありません。零戦・九九艦爆・九七艦攻です。
    烈風・流星は、零戦・九九艦爆・九七艦攻より機体が大きいため、どうしても各艦とも搭載機数を減らさなければなりません。
    その場合、各艦3/4ほどは搭載機数を減らさなければならないと考えられます。
    これは2の『機体はその機種での搭乗数限界まである』という条件を考えた上での措置です。
    (『』の意味がよく分からなかったのですが…)
    これで、全体の搭載機数は約500機ほどになります。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2017/3/3022:23:11

少なくとも
マリアナの七面鳥とは言われなかったでしょう
でも勝利を収めるのは難しいかと
相手は正規空母15隻です

2017/3/2715:18:51

珊瑚海海戦の戦訓の一つは、出撃した航空機とパイロットの半数程
度は消耗する事です。機関銃や大砲の弾と同じですが高価な消耗品
なんです。だから、機体とパイロットをどんどん補充出来ないと戦
力は低下してやがて敗北するんです。

日本海軍はこの通りになって、米海軍の空母部隊にマリアナ沖海戦
で大敗し、フィリッピン海戦を経て敗戦を迎えました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/3/2714:32:42

個人的には、搭乗員の練度が上がり、性能が向上した機種を投入しても、それ程に結果は変わらなかったかなと思います。

珊瑚海の失敗は、後のミッドウェーと同じ事かと思います。
ミッドウェーは、島の攻略と米機動部隊の殲滅という二兎を追った故の敗戦があるかと。
珊瑚海でも、ポートモレスビー攻略と米機動部隊の殲滅の二兎を追い、しかも初の空母機動部隊同士の海戦で手探りながら腰が引けて艦隊を行ったり来たりさせている。

艦隊を行ったり来たりさせているのは当時の索敵能力の限界もあり、機種を更新させてもそれは同じ事です。
また、新型機は機体が大型になりますから、同じ数の空母を投入すれば搭載機数が少なくなります。
もしかしたら、烈風投入により敵機の撃墜数が上がったり、攻撃隊の被害数が多少は減った可能性はありますが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる