ここから本文です

ミドルアイアンの打ち方を教えてください。

アバター

ID非公開さん

2017/4/219:25:12

ミドルアイアンの打ち方を教えてください。

右手でフェースを合わせに行ってしまうのでフェースがアウトサイドから入り、上体が突っ込むと引っ掛けたりザックリしてしまいます。
それでスエーとヘッドアップしないように意識してますが、手打ちを助長し悪循環です。
ショートアイアンはロフトがあるので打ててますが、ミドルアイアンになると全く打てません。
どんな練習をしたら良いのでしょうか?

閲覧数:
271
回答数:
11
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ada********さん

2017/4/221:54:21

ショートアイアンが打てているのはロフトが大きいからではありません。
シャフトが短くボールとの距離が近く、スイングが縦軌道に近いため、手でクラブを操作しても大した誤差が出ないからです。ところがロングアイアンは長くなる事やクラブヘッドにかかる慣性力の増加でスイング時、手にかかる負担が増加して、手による操作がし難くなる為上手く打てなくなるのです。
だから基本的にショートアイアンが打てているわけではなく、誤魔化せているというのが正しい解釈だと思います。手打ちを矯正する=体打ちを覚える方法ならネット動画を検索すればいくらでも資料はあると思います。

右手を使う事がミスの原因なら右手を使わないでスイングできるようにすればいいだけです。簡単に言うと右手をクラブから離せば済む事です。体打ちを覚えるために片手打ちを練習するのはこのためです。更に右手だけで打ってみれば、如何に右手の使い方が間違っているか分かると思います。本当に正しく「右手が使えている」なら、右手だけで打てばうまく打てるはずですが、たいていは右手だけでボールをまともに打つことは出来ないはずです。これはクラブが重たいからではありません。貴方より筋力の劣る女子や小学生でも、しっかり指導されているジュニアなら右手だけ、左手だけでも30y程度のアプローチショットなら簡単に打ってしまいます。https://www.youtube.com/watch?v=-763XwTFu1k
これが出来るようになる事で、手と体の動かし方、使い方の関係が大変よく分かるはずです。ぜひ一度トライしてみてください。最初はAwなどで10yくらいキャリーさせる程度のふり幅で十分です。慣れてきて、しっかりクラブフェースを体幹でコントロールできるようになると60y位は飛ばせるようになるでしょう。まあこの練習でそんなに飛距離をだす必要はありませんが・・・https://www.youtube.com/watch?v=YaQou7r0ljw

動画のようにバンカーでこれをやれば当然難易度はけた違いだが、もしこれが出来ればサンドセーブの確率も跳ね上がる事は間違いないでしょう。ミドルアイアンが打てないのは根本的な部分に問題があるからで、そこを解決しなければいつまでたっても安定したショットは無理でしょう。先ずはショートアイアン、ウエッジで体幹と手の協力関係をしっかり確立することこそが、上達(ミドルアイアンのナイスショット)への最短コースだと私は思います。

  • ada********さん

    2017/4/308:05:01

    https://www.youtube.com/watch?v=Z54C-xD3C20
    ↑の左打ちバージョンもありましたので貼っておきます。これが出来るようになるとアプローチだけでなくアイアンのスイング精度にかなりの差が出ると思います。結果的にミドルアイアンもよくなるはずです。長いクラブほど、手打ち操作での誤魔化しが効かないのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/4/7 06:47:39

みなさん、ベストアンサーです。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nay********さん

2017/4/514:14:37

じゃあ、教えてあげる。
ダウンスイングは、すべてのクラブでグリップエンドを自分の右の金○○
に引き付けてフェースターンする
アプローチなどの短い距離は、右の金○○からフェースターンをしない
あーだ、こーだと理屈っぽくスイングを複雑にしない人が早く上手くなる

hay********さん

2017/4/502:02:32

手打ちで打ち気にはやって上体もブレてるのでは?
特にアイアンは腰を中心に回してないと上下ブレてダフリトップが止まらなくなりますよねw

腰の高さを一定にしてスイングしても変わらないように意識してみましょう

tai********さん

2017/4/416:55:42

背骨を軸とした体の捻転が出来てないからです。
旗の棒(軸)を持って、旗を振ると旗の部分は大きく動きます。
その大きく動く部分が体と頭ですよ。

cha********さん

2017/4/322:02:55

おじゃまします。

右手であわせにいってアウトサイドインになるっていうところに、些かひっかかります。

そのスイング状態で突っ込み気味になって引っ掻けやダフりが出るというのは、ダウンスイング初期から前傾姿勢の頭や肩が左へ傾いているということですよね。

スイングの根本症状として、

トップ姿勢からダウンスイングへの移行期で上半身の動き出すタイミングが早すぎること。
スイング自体が上半身主体に回転していること。

の二点に、ミスが起因してると考えられます。

体のスウェーやヘッドアップ抑制を意識して余計にミスが増えるのは、他に原因があってそっちが改善されないためです。

まずは、スイングを根本変化させる必要があると思います。


・スイングのリズム基準をヘソにする。

重たいものを持ち上げるには、誰しも必ず足腰を使いますよね。ゴルフスイングもこれと同じですから、テークバックからフォローに至るすべてのリズムは体そのもので行う必要があります。故に、スイングリズムはヘソ、ないしベルトのバックルを主体として回転させることを奨めます。
現状、肩部分の回転が早すぎるためにアウトサイドインになっている状態で、引っ掻けザックリもこれに起因していると考えられますよ。

・肩の力は出来るだけ抜く。
アドレスから肩に力みがあると、スイングでそれが残ってしまうので結果として飛びません。柔よく剛を制すです。

・肩の首根っこはできれば固定したい。
今の状態では体幹主体でスイングできても、腕に力が入ってしまい、上半身がフラつきます。
スイング中はアドレスから頭や首が宙吊りになっているようなイメージで、姿勢が直立な状態で回転できるように心掛けてみてください。

根本的には、体の回転の主役をおへそにもってくることが改善の前提になります。
上半身の力みがぬけてくるとヘッドの極端な返りが抑制されて、スウェーしなくても自然にスライスが出るようになるので、上半身の力感を利用するのはその後からになります。

sal********さん

2017/4/316:16:17

右手で合わせに行ってしまうのは走っていないからかな。一つ前の画像と同じ様にカラダが泳ぐと正面が定まらない。正面が決まらないとアドレスも定まらない。

重要な部分を教わってから練習。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる