ここから本文です

東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズからの質問です。私が彼を殺したで犯人は駿河直...

aka********さん

2017/4/221:19:49

東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズからの質問です。私が彼を殺したで犯人は駿河直之ですよね?付いてて当たり前の指紋は前妻…ということだと解釈したのですが、駿河さんと香織さんが準子さんの

死体から立ち去るときと残っていたカプセルの数が一つ足りないはずなのですがその一つは誰が盗んだのですか?やはり駿河さんの全て計算通りだったというとこですか?でもそうなると何故1つづつとったのかが疑問になってきませんか。駿河さんは香織さんが隠れていることを知らなかったはずですから。
誰かわかるからがいらっしゃいましたら回答お願いします。

補足もう一つ追加で、神林さん(兄)が殺したのは誰ですか?動物ですか?

閲覧数:
2,969
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aqb********さん

編集あり2017/4/511:45:33

この話はとてもややこしいですよね…とりあえず分かる範囲で書きますね。

【駿河直之】
・準子の部屋から消えた3錠の毒カプセルのうち、2錠を入手。
・まず雪笹香織が準子の部屋で隠れている時にカプセルを1錠盗んだ。よって香織と一緒に部屋を出た時点ではまだ1錠しか持っていない。
・その後再び部屋に侵入し、もう1錠盗んだ。
・その理由…後になって神林貴弘を脅迫して薬をすり替えさせることを思いついたが、神林がそれを実行するかどうか確証がなかったため、確実に殺害するために二段構えで計画を立てたので、後からまた1錠盗んだ(最後の犯人探しの際の香織や加賀の推理通り)。
・1錠は脅迫状と共に神林に送り、もう1錠は自分でもうひとつのピルケースに入れてケースごとすり替えた。
・穂高の前妻の指紋の付いたもうひとつのピルケースは駿河の手元にあったわけなので(p181)、犯人は駿河以外あり得ない。
(ただそのピルケースに穂高の前妻の指紋が残っていたことにまでは考えが及ばなかっただろうと思われる)
・すり替えの方法…香織は駿河に毒カプセルを使わせようとして敢えてピルケースを西口絵理から駿河に渡させたが、駿河は自分に疑いのかからないようにすぐにその場でホテルのボーイにピルケースを渡した。しかしボーイに渡す前に一度自分のポケットに入れており(p148)、このポケットの中には予め毒カプセルを入れたもうひとつのピルケースが入っていて、ボーイに渡す前にポケットの中ですり替え、毒カプセル入りのピルケースをボーイに渡した。
・駿河は神林が脅迫状に従ってカプセルをすり替えたかどうかは分からなかったが、自分が毒カプセル入りのピルケースをボーイ経由で穂高に渡したので、自分が殺害犯であるという確かな自覚があった。
・ただ、たとえ神林が脅迫状と毒カプセルのことを警察に供述したとしても、自分が2錠入手していて且つ同じピルケースまで持っていたことまでは絶対に誰も知らないはずなので(後に加賀は解き明かしたが)、完全に神林を犯人に仕立て上げることが可能だった(何より神林本人ですら自分が殺したと思っていたため)。よって自分は罪から逃れられるという確信があった。

【神林貴弘】
・準子が穂高の家に忍び込んでピルケースに入れた2錠の毒カプセルを入手(穂高が捨てたゴミ箱から回収)。
・結婚式の前日、カプセルの毒性を確かめるため、コンビニからの帰り道で見つけた野良猫を使って実験(p118~119)。
・野良猫で毒性を確認した神林は、その後美和子と夕食を共にした際、美和子が席を外した隙に美和子の持っていた薬瓶の中の鼻炎カプセルと毒カプセルを1錠すり替えた(p121~122)。
・その薬瓶(残数10錠)から美和子が穂高のピルケースに毒カプセルを入れるかどうかは10分の1の確率なので、神林は穂高がいつ死ぬかは分からなかったが、いずれ飲む時が来ることは確かなので明白な殺意があった。
・後日その薬瓶に残っていたカプセルは全て無害の物だったということが判明したとの記述があったので、神林が仕込んだ毒カプセルは美和子が穂高のピルケースに入れた→それを駿河がもうひとつのピルケースとすり替えたということになる。
(だからもし駿河がもうひとつのピルケースとすり替えなかったとしても、神林の仕込んだ毒カプセルにより、どのみち穂高は同じタイミングで死んだはず)
・翌朝、駿河からの脅迫状と毒カプセルを受け取ったが、これは使わないまま最後の犯人探しの際、加賀に渡した。
・結婚式で穂高が死んだ時点では、駿河や香織も毒カプセルを入手していたことなど知る由もないので、自分が仕込んだ毒カプセルを飲んだために死んだと思い、自分が殺害犯だと認識している。

【雪笹香織】
・準子の部屋から消えた3錠の毒カプセルのうち1錠を盗んだ。
・しかし駿河と一緒に部屋を出る時、カプセルの残数を見て駿河が1錠盗んだことに気付き、自分は手を下さずに駿河に穂高を殺させようと考えたため、結局この盗んだカプセルは使わなかった(最後の犯人探しの際に加賀に渡した)。
・しかし駿河が自分の目の前ですぐにピルケースをボーイに渡してしまったので、駿河がカプセルをすり替えるチャンスがあったのかは分からなかったが、最後に加賀の推理を聞くまでは神林も毒カプセルを入手していたことは知らなかったので、穂高が死んだ時点では駿河が何らかの手段でカプセルをすり替えて殺害したと思っていた。


…これで質問者さんの疑問が解消できるといいんですけど。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる