ここから本文です

傷病手当金と支給期間後について。 協会けんぽの傷病手当金について質問です。 ...

アバター

ID非公開さん

2017/4/421:33:08

傷病手当金と支給期間後について。

協会けんぽの傷病手当金について質問です。
手当金の支給条件に、資格喪失日の前日まで加入期間が1年以上あるなどそのほか3つ条件がありますよね(待機期間など)。

それには該当しています。

今回、股関節の手術を受けることになるかもしれません。
入院期間は約2ヶ月です。自宅療養などを含めると最短4ヶ月程度は休職せざるを得ないかもしれません。
左右の股関節の手術をするとなると、最短でも8ヶ月とかになるかもしれません。

傷病手当金の最長は1年6ヶ月ですよね。
たとえば、
4ヶ月休職し傷病手当金申請、復職し1年間給与を得る、もう一度休職し傷病手当金申請となると、4ヶ月休職したとしても、申請できるのは2ヶ月なんですよね?

傷病手当金の受給期間をすぎてしまうと、収入がなくなってしまいます。
その場合、公的な保証制度というのはなにかあるのでしょうか。

閲覧数:
1,364
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hir********さん

2017/4/423:23:38

>4ヶ月休職し傷病手当金申請、復職し1年間給与を得る、もう一度休職し傷病手当金申請となると、4ヶ月休職したとしても、申請できるのは2ヶ月なんですよね

その通りです。間違いありません。

>公的な保証制度というのはなにかあるのでしょうか。

あなたの私傷病に対して公的な補償などありません。業務災害なら労災がありますが、なぜ個人の私傷病に公的資金を投入しなければならないのでしょうか....
普通は公的な補償が無いので、独自で民間の生命保険などに入って、いろいろと補償を受けるのです。

それをしてない場合は、お金が無くなれば借金しかないでしょう。

福祉貸付金制度というのがあるにはありますが、これも「借金」です。全額返さないとなりません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hou********さん

2017/4/509:35:08

手術の元になった病気がありますよね?
「左と右で別扱いである」と健康保険組合が判断したら、後から発病したほうについても支給されるかもしれません。
先に発病したほうについての期間と後から発病したほうについての期間が重なっている場合にダブって支給されるかどうかは分かりませんm(_ _)m

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2017/4/506:23:28

支給されるかの保証はないですが人工股関節置換などであれば障害年金に該当するかもしれません。

障害厚生年金と傷病手当金は併給調整されます。

主治医や病院の相談員と話してみてください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる