ここから本文です

【民法】抵当権設定当時に存在した従物は付加一体物に含まれるといいますが、 そ...

tak********さん

2017/4/516:55:23

【民法】抵当権設定当時に存在した従物は付加一体物に含まれるといいますが、
その後に搬入された物品で従物であるものでも、

1.当然存在することが予定されていたもの(例えば古くて傷んだ畳の代わりの畳)
2.当然存在するとは思われないもの(例えば抵当権設定後に趣味を持った人の集めたアンティーク)
について
1.には抵当権の効力が及び、2.には及ばないということでよろしかったでしょうか?
判例の立場でお願いいたします。

ご教示よろしくお願いします。

閲覧数:
147
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ohn********さん

2017/4/523:17:56

判例の立場
①大判明治39年5月23日
付加一体物(370条)=付合物(242条)
設定時の従物にも、設定後の従物にも、抵当権の効力は及ばない。

②大連判大正8年3月15日
付加一体物(370条)=付合物(242条)
設定時の従物には、(370条ではなく)87条2項によって抵当権の効力が及ぶが、設定後の従物には、抵当権の効力は及ばない。

判例変更後の②を前提とすると、
1.設定後に入れ替えた畳は、そこに当然存在することが予定されていても、設定後の従物である以上、抵当権の効力は及びません。
2.アンティークは、付合物でも従物でもありませんから、設定時に存在したものと、設定後に搬入したものとを問わず、抵当権の効力は及びません。

①から②への判例変更は、梅謙次郎「民法要義巻之ニ物権編」(明治44年10月)の次の記述が大きく影響していると思われます。
しかるに世間往々これを誤解し本条をもって抵当権設定前に附加したる物に適用し,畳建具の如きは本条の規定に合わざるが故に建物と共に抵当権の目的たるものにあらずと説くものあり。裁判例またこれにさたんするが如し(最近の一例をあげれば39年5月23日大審院判決。しかれども余はそのいわれなきことを信ず。けだし畳,建具の類はもとより建物と一体を成すものにあらず。故に抵当権設定後に新たにこれを設備せりとせば抵当権がこれに及ばざることもとより疑いを容れず。しかれといえどもこれ等の物が抵当権設定当時に存ぜしとせば,第87条2項の適用によりその物もまた共に抵当権の目的たるべきものとす。なんとなればその物が建物の従物たることはけだし何人も争わざるところなるが故に(もちろんその物が建物の所有者に属する場合についていう)主物たる建物のうえに抵当権を設定すれば(処分)従物たる畳,建具等もまたこれに随いて抵当権の目的たるべければなり(法学志林36号8頁,38号6頁47号6頁,10巻1号2頁)。
http://ke-suke-shimizu.la.coocan.jp/MY2.htm

  • ohn********さん

    2017/4/523:27:49

    1について私が「抵当権の効力が及ばない。」と回答しても、信頼性がないかもしれませんが、民法の最高権威である梅謙次郎が「けだし畳,建具の類はもとより建物と一体を成すものにあらず。故に抵当権設定後に新たにこれを設備せりとせば抵当権がこれに及ばざることもとより疑いを容れず。」と論じていますから、信用していただくほかありません。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/4/12 10:50:19

遅くなり申し訳ありませんでした。
判例と基本書の立場って結構違うのかもしれませんね。
いろいろな見解があって、どれを取るべきなのかとても悩ましいです。
符合物かどうかを考えて、結論を出すのが判例なのですね。
ご教示ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2017/4/612:27:10

どっちも及ばねえよ。

判例なんか、世の中に半周遅れだからな。

抵当権実行時の従物に及ぶ、とした方が現実的だろうな。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

zak********さん

2017/4/517:26:04

さて、一つの質問で三つも馬鹿をさらしていることを懇切丁寧に指導する人はあらわれるのかなぁ(´Д`)

①抵当権の目的が土地か建物か変わる可能性があるだろうに気づけやカス!

②趣味で集めたアンティークが常識的には従物じゃねえ事くらい気づけやタコ(土地抵当権のある土地に符合しないほど小さな石燈籠を設置したみたいな設定しろよ)

③判例がない論点で判例の立場を聞くなカス!(つまり、ググレカス)

他にもツッコミどころ満載だからまだまだ突っ込めるがこの馬鹿に優しくできるまともに知識ある人は誰かなぁ?

dai********さん

2017/4/517:05:10

畳には及ぶがアンティークには及ばない、という結論は正しいですが、そもそもアンティークは従物ではないので、
「従物であるものでもアンティークには及ばない」という説明は誤りです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる