ここから本文です

石田三成が、家康の留守中に挙兵することを考えたとき 一番最初に相談した人は、...

st6********さん

2017/4/922:43:50

石田三成が、家康の留守中に挙兵することを考えたとき
一番最初に相談した人は、三成の家臣以外では誰でしょうか。
また、この挙兵を話し合い計画していった最も主要メンバーといえばだれになるのしょうか。

閲覧数:
92
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

h16********さん

2017/4/1421:43:23

大谷吉継です。
吉継はとめましたが三成の決意は固く主要メンバーになりました

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kor********さん

2017/4/1021:09:03

一番最初に相談したのは父・正継や兄・正澄じゃないですかね?

普通は親兄弟と相談すると思いますよ

みらいさん

2017/4/1010:05:57

一番というか絶対に相談しておかないといけない勢力があります。

越後上杉家。その家老である直江兼続です
何せ、家康が上杉に矛先を向けて京・大坂を離れた隙に挙兵するのですから、示し合わせておかねばなりません。

このためか直江兼続は石田三成とウマがあったとように描かれるものが多いです。

芝居なのかも知れませんが家康が激怒して見せたという直江状。

偶然ではなく、石田三成と直江兼続が示し合わせていないと上手く事が運びません。
ですから、直江兼続でしょう。

gre********さん

2017/4/923:25:20

三成と同じく死罪となった安国寺恵瓊と小西行長です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる