ここから本文です

いつも付き合いのある業者の工事見積もりが高いです。 おそらくその工種の業者が...

アバター

ID非公開さん

2017/4/1321:10:50

いつも付き合いのある業者の工事見積もりが高いです。
おそらくその工種の業者が自社しかいないのを知って居て強気に出ていると思います。

社長にネットで知らない業者に相見積もりをとりましょうと提案したところ「危ないからだめだ」と言われました。
実際危ないのでしょうか。

閲覧数:
78
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sta********さん

2017/4/1607:35:51

知らない業者への発注は危ないかもしれないが、
現在の業者からの見積額が妥当なのか。
値下げ相談を行うにも比較対象がなければ相手も真剣にならない。

まして地元近隣で、その工種の業者がそこしかなければ
競合を探すのに自然とネットに流れると思います。

ネットは危ない。やめろ。 と簡単にいう人がいますが
危ないのは、発注側が無知であることが一番の原因だと思いますし、
危ない。やめろ。という人は、
自分に責任や影響が無いから簡単に、そういうのだと思います。

安かったので発注したら手抜き工事だった。
文句の電話を掛けたら、バックレて、いなくなっていた。
だからネットは危ないって思考の流れかな。

そもそも発注すると判断したのは自分自身だし、
怪しい会社だということを見抜けないほど無知であった。
怪しいと思ったときに断れない。
ことを反省し、勉強などの対策をしないことにも問題があると思います。

質問の中の工事内容がわからないが現在の取引先が
備品や消耗品などの取引は、商売抜き格安で付き合いをしているが、
工作機械入れ替えや工場増改築工事など
年に1度あるかどうかのときは、ちゃんと商売させてほしい
という会社かもしれないし、
ネットで見つけた先が、メールなどのやり取りで見積もりが終わるのか
実際に営業マンを来社させて相談できるのか。など
結局は、発注側がもっと真剣に考えなくてはいけないと思います。

当然、依頼予定の工事内容を発注者側が理解する努力も必要です。
そのためにも、数社と相談し、営業マンなどと面談しながら
判断する必要があると思います。

ネットのない時代は、飛込営業マンと話して取引開始、
数十年の付き合いになったなんてことは沢山ありますよ。

これは、面談しないと情報が入ってこないから
その時に相手や取引内容を理解しようとすることと
ある程度の交渉で腹を決める決断力と
手抜きをされないようにする抑制力など
発注側も努力していた結果だと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

str********さん

2017/4/1413:47:53

競合が少ないから高くする心理はわかりますが、
相見積もりをさせないようにしたのは単純に顧客が取られる可能性が高いことを危惧しただけで、危なくはないと思います。
懇意にしてもらってるお客さんが取られるのは嫌ですからね(´・д・)

とりあえず、聞く耳持たずに高いと思ったら相見積もりを取って正確な判断をしたほうがいいと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

poi********さん

2017/4/1401:16:33

ネットで知らない業者は危ないよ。
貴方の町で探した方がいいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる