ここから本文です

上野公園の西郷隆盛像は何でラフな格好をしているのですか?

風船猫さん

2017/4/1518:12:39

上野公園の西郷隆盛像は何でラフな格好をしているのですか?

閲覧数:
150
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tab********さん

2017/4/1714:29:30

西郷隆盛は幕府に追われ一時期、奄美大島にひっそり身を隠しました。
上野の銅像はそのころの衣装です。

当時としては(マツコDXほどではない)巨漢デブ(180cm120kg程度とのこと)身幅や丈が合う着物や帯がもらえなかったので、島民の当時の普段着(ひらひらした袖がない筒袖の野良仕事着)、つんつるてんの身丈の合わない着物、縄の紐の帯になってます。


2回目は島流しの刑で徳之島~沖永良部島で牢獄生活
このころは上野の銅像のようなデブではなく、がりがりにやせ細っている西郷隆盛の銅像が沖永良部島にはあります。

質問した人からのコメント

2017/4/21 20:18:12

みなさん、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kib********さん

2017/4/1817:33:00

上野の像は高村光雲の作で、西郷隆盛の銅像として最も古く、西郷のイメージを全国に広めた銅像です。
しかし、明治31年の除幕式には西郷の糸子夫人も出席したが、銅像を目の前した瞬間次のように嘆声をもらしたと言います。
「んだも、宿ん人はこげな人じゃなか」(え~、うちの人はこんな人ではない)

式の後、同席した隆盛の弟、西郷従道邸で「うちの人は礼儀正しい人で、相手がどんな身分の人であっても、いつもキチンとした服装で対応し、言葉使いも丁寧でした。あの銅像は、たとい狩りに出られた時のものとしても、着流しの姿をわざわざ皆さま大勢の前に建てるなんて・・・」と、多くの人の前に正装ではなく、普段着で出るような礼儀をわきまえない人間ではないと、最後まで納得されなかった。

その後、鹿児島市に昭和12年に建てられた銅像は、陸軍大将の正装であり糸子夫人の期待した姿となっています。

tre********さん

2017/4/1521:09:06

何でだろ??????

2017/4/1518:33:58

あの像は、西郷隆盛が要職を辞めウサギ狩りをしている姿と言われています。 連れている犬は、ツンというらしいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる