「少なくない」って否定の否定ですけど 英語に同じ表現ってありますか?

英語 | 日本語1,450閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(3件)

0

ajimumatsuraさんが書いていらっしゃるように、「少ない」に否定の意味はないので、「少なくない」は「否定の否定」ではないと思います。 「少ない」は、たまたま終わりが「~ない」になっているだけで、普通の形容詞です。「せつない」「もったいない」「つまらない」など、「~ない」で終わる形容詞は他にもあります。もしかしたら語源などを詳しく調べれば、「もともとは否定の意味だった」というようなことがわかるかもしれませんが、現代の日本語においては上記のどれも普通の形容詞として一般的な国語辞典に載っています。 「少ない」が、「ない」で終わっていて、さらに「多い」の反対としてマイナスのイメージの語であるために、「否定」だと感じられるだけではないでしょうか。「少なくない」は、形容詞に「ない」がついているだけで、「多くない」と構造的には同じです。

0

数えられる名詞なら,not a few とか,多少強調して not just a few 数えられない名詞なら,not a little とか,not only a little, not just a little 少なくない,というと,「少ないわけではない」という意味ではなく「けっこう多い」という意味で使いますが,英語の not just a few も「ちょっとばかりじゃないんだよ,けっこう多いんだよ」という意味で,感覚的には日本語と同じように仕えます。 感覚的に使い方が似た表現というか,not bad というのもありますね。 「悪くない」で,これは,「悪くはない」つまり「まあギリギリ合格」という意味ではなくて,「悪くない」と言うと,「けっこういいなあ」というニュアンスですが,英語でも, not bad と言うと,「けっこういい」という意味になります。