ここから本文です

宇宙世紀の地球連邦軍陸・海・空軍について質問です

アバター

ID非公開さん

2017/4/2110:10:18

宇宙世紀の地球連邦軍陸・海・空軍について質問です

陸軍なのですが、61式戦車は対MSに対して、肉弾戦の様に近接状況で闘わないで、ミノフスキー粒子散布下でも高高度からの護衛有りの無人・有人偵察機等の観測やアンブッシュ等で隠蔽した状態での観測手からの粒子対策用の通信方法で遠距離攻撃で対応できたのではと思います。

確かに上空の制空権を取られていたりと制約が発生する場合が有りますが、ジオンの地球降下前後で戦闘爆撃機や艦艇等の重武装でも肉薄されると厳しい事は分かっていたはずなので、わざわざ61式の肉弾戦や歩兵の対MSミサイル レジーナ等で対抗する愚策じゃ無くて、ミノフスキー粒子散布下の観測と通信方法を獲得すれば、戦車砲だけでは無く、火砲や遠距離からのロケット砲で対応してヒットアンドアウェイに徹すれば、無駄な死者は出さずに済んだのではと思います


あと、ビッグトレーやミニトレー、ヘビーフォーク等の陸上戦艦作るんだったら、ヒットアンドアウェイに徹したMS(msイグルーに登場した強襲型ガンタンク等)や遠距離火砲、ロケット砲、あとルナツーや衛星軌道上からマスドライバー構築させて、射撃の方がメリット高いと思いました


海軍ですが、水中用MSが登場した際に対潜空母や哨戒機で対応していましたが、陸上で使っていたデブロック爆撃機を回して貰って対応すればよいのにと思いました


現にロシア等でtu95 ベアの対潜哨戒に当てていますし、
デブロックもミノフスキー粒子散布下で上手く爆撃が出来なかったならば、むしろドン・エスカルゴと協力して、索敵した敵をデブロックが大量に対潜攻撃すれば良いですし、航空護衛もヒマラヤ級があるので多少護衛に回せますし、MAを水中用に投入させて、あとは潜水艦や対潜哨戒機・爆撃機の運用で、水中用MSは必要ないのではと思いました


空軍なのですが、地球上では足が短いセイバーフィッシュやコスト高のコアファイターじゃ無くて、TINコッドやセイバーフィッシュ等の既存機の強化・増産で濁しておいて、コアブースターやファイターよりも改良で済ませて置けば良かったんじゃないかと思いました

皆さんのお考えをお聴きしたいです

閲覧数:
179
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2017/4/2120:20:39

間接照準射撃は無線が発展途上の第一次世界大戦のころから行われてましたからね。有線、伝書鳩、伝令と色々工夫して長距離通信を成り立たせてました。ミノ粉影響下でも間接照準射撃は可能でしょう。

しかしながら、戦車vsMSにそんなややっこしいものが必要かとなると疑問です。戦車はMSよりはるかに全高が低く、レーダー、センサーが全滅してる状況下で先に相手を見つけるのは間違いなく戦車です。
そして戦車の照準器は、現代のものですら3km遠方の標的に当てられるのですから、アウトレンジのヒットアンドアウェイは戦車だけで成立する。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/4/2120:47:32

    確か、08小隊のシーンでホバートラックがザクの歩行音の波音を計測して、接近等を計測していたシーンが有りました

    平地での戦いも激戦なのに、当初のMS相手のジャングル戦もジオンのMSも辛いと思いますが、MSを持たない連邦を考えると・・
    凄まじいですね・・

    山岳地帯等の高所地帯や、砂漠地帯のお互いの戦いも非常に興味が湧いてきました

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mat********さん

2017/4/2601:58:04

軍事的に考えれば当時の地球連邦軍の戦車などの装備で十分MSに対抗できたと思います。ただそれじゃ空想的に物語が成り立たない「ロボット活躍できないじゃん」ってことでしょう。

陸軍については精密誘導ができない状態では遠距離からりゅう弾砲やロケット砲で攻撃しても当たらないでしょう。ロケット砲やりゅう弾砲が至近距離で爆発したくらいではMSの防御力では大した損傷は与えられない。だから肉薄して戦車の主砲や対MSミサイルを直撃させるしかなかったのでしょう。
ただMSは18m以上と三階建てビルが動いているようなもので地上では目立ってしょうがない。
そんな目立つ相手に近距離で戦う必要はなく、アンブッシュ状態の61式戦車で2000m以上の距離から先制攻撃を加えて一撃撃破に努める。155mm連装砲が直撃すればMSを撃破することは可能なはずです。
撃った後で各戦車がバラバラに逃げれば図体のでかいMSですべての戦車を追うのは不可能です。

※参考 MS対戦車 以前の回答
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111086820...

海軍については水中用MSは相手にせずMSの母艦を沈めてしまえばいい。
水中用MSは行動距離に限界があり、長距離移動にはユーコン級のような大型潜水艦を用いています。だったらこいつを沈めればいい。あれだけ巨大な潜水艦ならエンジン音も凄いはずだし、ミノフスキー粒子は水中では無関係。今の潜水艦でも水中なら数十キロ先から探知して魚雷を撃つことができます。
アメリカのロスアンジェルス級やシーウルフ級のような小型の攻撃型潜水艦でひそかに追尾してMS発進前に沈めてしまえばよいのでは?と思います。母艦を沈めてしまえば水中用MSの行動範囲は大幅に狭くなるでしょう。

ただ空軍は多分レーダ誘導ミサイルに頼りきっていたのでミノフスキー粒子の影響をモロに受けてしまったのでしょう。またガウという空中を移動できる基地を持つドップ相手では空戦での不利は否めない。
しかし同時にミノフスキー粒子によって今のようなピンポイント爆撃は不可能でしょうから爆弾やロケット弾をばら撒くくらいの地上攻撃しかできない。しかもドップは小型で大型爆弾は積めない。仮に制空権を取られたとしてもドップでは大した地上攻撃はできないのでは?と思います。

ミノフスキー粒子の影響と言ってももともとレーダに頼らない地上戦や水中戦闘なら地球連邦軍の装備で十分勝てるはず。

しかしガンダムに技術的なツッコミを入れるといつも最終的には「それじゃロボット活躍できないじゃん」ってことになるんですが、今回も多分そういうことなんでしょう。

zer********さん

2017/4/2112:41:01

観測情報を偵察機が得ても、ミノフスキー粒子散布下では長距離通信が使えないでしょ?情報を送れないんだから結局同じこと。

ビッグトレーなどはおそらくMSが現れる前に作られた兵器だし、移動式の前線司令部を兼ねてるんだからMS乗れない兵士だってまだまだいるわけだから一定は必要でしょ。火力は一定あるんだから倉庫に眠らせておくのはもったいないし。
ギレンの野望とかのSLGやればあなたも「古い兵器の活用」に視点が行くと思いますよ?戦力に余裕がないならあるものを活用しないと。

たとえば明日いきなりミノフスキー粒子が現実に登場してミサイルがほとんど使えなくなったといっても、だからといってイージス艦や戦闘機をいきなりスクラップにできるわけじゃないでしょ?当たらなくても機銃やロケット弾などに装備を改定するなりして、対MS兵器が完成するまでは今ある兵器と兵士で戦線を維持しなきゃならない。あるものはできることをできる範囲でつかわないといけないのが戦争、いや現実の社会全部か

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

alw********さん

2017/4/2111:04:22

ミノフスキー粒子の特徴は、電磁波の遮断だけではなくあらゆる波長の遮断なのです。
影響されにくいのは、光通信ぐらいです。
大気層のない宇宙空間ならば、ミノフスキー粒子の影響下でも遠距離であってもレーザー通信で情報交換はたやすいです。
でも、地上では、大気による影響で光が拡散されるために距離が離れれば離れるほどレーザー通信ができなくなります。
大気による影響ってかなり大きいですよ。
現実の世界でも、星がきらめいて見えるのは、これが原因です。
それと光は直進する性質があります。
地球が丸いのと複雑な地形をしているのもあって地上ではレーザー通信は有効な選択肢ではなくなります。
中継用のドローンなんかを使えばいいのだろうけどそう言うのは狙われやすいです。
だから、離れた部隊とのやりとりには艦載機を使って直接、レーザー通信ができる距離まで進出する必要がありました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ali********さん

2017/4/2110:39:25

>ミノフスキー粒子散布下でも高高度からの護衛有りの無人・有人

古い知識と記憶で申し訳ないが・・・
ミノフスキー粒子散布下では、根本的にレーダーの類が機能低下を起こしませんか?
つまり無人機の使用は不可能と考えます。

また、高高度からの観測手からの粒子対策用の通信方法というものが存在するなら当然戦術に組み入れると思いますよ。

ミノフスキー粒子は、私が考える限りですと散布範囲内のレーダー波などのセンサー技術が阻害されるわけで、散布範囲の外から中の状態を観測するのも無理なのではないかと考えますが・・・

そもそも宇宙戦闘である時点で戦闘距離はミノフスキー粒子散布下ではあっても現在の大気圏内戦闘に比べてはるかに大きくなると考えます。MS同士の白兵戦などは別として、ですが。

つまり、センサー類にしてもミノフスキー粒子同様、現在の技術力では理論上でさえ考えられない何らかの高レベルの技術を使っていると考えます。となると、それを妨害してしまう粒子・・・ということなので、あなたの想定が可能かどうか。

まあ、もちろん事実を知る立場ではないのであくまでも断片的な知識による推測に過ぎません。参考になれば幸いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

syu********さん

2017/4/2110:32:16

粒子対策用の通信方法は確立していないと思います。

ZガンダムでもMS同士が接触して通信していました。
ミノフスキー粒子は通信障害、索敵の障害となり
MSが登場するリアリティを説明するための設定です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる