ここから本文です

北朝鮮をカールビンソンと自衛隊護衛艦二隻が演習。 日本が北朝鮮を挑発しては...

chi********さん

2017/4/2317:33:36

北朝鮮をカールビンソンと自衛隊護衛艦二隻が演習。

日本が北朝鮮を挑発してはまずいでしょう。北朝鮮のミサイル技術を本気にしているのですか。発

射しても、めくら撃ちだと思いますよ。

(すみません。差別語を使ってしまいました。)

●正確に表現すると、視覚障害者が標的を定めることが出来ないのに、ミサイルを撃つようなもの

です。

●話は変わります。差別語だかなんだか解らない言葉・・精神病・ブス・尻軽女・他にありませんか?

閲覧数:
200
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cygnusさん

2017/4/2622:22:17

これ以上、核開発、ミサイル開発をするのは止めとけよ、さもないと
アメリカ様が容赦しないぞという警告じゃないですか?

質問した人からのコメント

2017/4/29 18:04:25

冷静なお答えをいただき、ありがとうございました。トランプさんは韓国に対して、防衛ミサイルの設置にかかった費用(1100億ドル 円?)要求したというニュースを知りました。昔のジグザム・デモでもやっているのでしょうか。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kob********さん

2017/4/2622:17:58

正確な技術があるとかないとか、そういうのは二の次で同盟関係上脅威になる可能性が欠片でもあるから、連携して対処する演習をやっているのです。

yzo********さん

2017/4/2319:35:35

日本が北朝鮮を挑発?
挑発してるのは北朝鮮だろ。

今回の共同訓練には、日米の連携態勢を見せることで、北朝鮮が挑発的な行動を取らないよう抑止する狙いがある。
今ある脅威を考えると、日米で共同訓練を行うのは当然で、日米がしっかり協働しながら対応していくという、強いメッセージを発することができる。

2017.4.23 13:49更新
【北朝鮮情勢】
米空母カール・ビンソン、朝鮮半島へ航行か 海自と共同訓練後
http://www.sankei.com/world/news/170423/wor1704230025-n1.html
米海軍は22日、フィリピン海で原子力空母カール・ビンソンが参加して現地時間23日に始まった日米共同訓練について「共同対処能力の向上が目的」と発表した。カール・ビンソンは訓練後、朝鮮半島付近に向かうとみられる。
海軍によると、訓練には米側からカール・ビンソンのほかミサイル駆逐艦マイケル・マーフィーなど計3隻、日本側から護衛艦2隻が参加した。
カール・ビンソンは今年初めに西太平洋へ配備されて以降、海上自衛隊と共同訓練を3回実施している。空母打撃群を率いるキルビー司令官は「われわれは日本のパートナーと行動するのをいつも楽しみにしている。海自と米国との関係はかつてないほど良好だ」と結束をアピールした。
(共同)

米空母と護衛艦が合流 共同訓練始まる 東シナ海北上へ
4月23日 16時30分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170423/k10010958511000.html?utm_i...北朝鮮情勢
北朝鮮の軍の創設記念日を25日に控える中、朝鮮半島周辺に向け航行しているアメリカの空母と、海上自衛隊の護衛艦2隻がフィリピン沖の太平洋で合流し、23日から共同訓練を始めました。防衛省関係者によりますと、訓練は数日間の予定で、今後、東シナ海に入り、北上する方向で調整しているということです。
日米の共同訓練に参加するのは、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」の2隻で、アメリカの空母カール・ビンソンを中心とする艦隊が朝鮮半島の周辺海域に向けて航行しているのにあわせて、21日に長崎県の基地を出港していました。
防衛省によりますと、アメリカ側と調整した結果、空母と海上自衛隊の護衛艦はフィリピン沖の太平洋で合流し、23日午後から共同訓練を始めたということです。
アメリカ側から参加するのは空母のほか、駆逐艦など合わせて3隻で、日米の艦艇が一緒に北上しながら、さまざまな状況を想定した互いの艦艇の動きや艦艇どうしの情報共有を確認する予定だということです。
防衛省関係者によりますと、訓練は数日間行われる予定で、今後、東シナ海に入り、北上する方向で調整しているということです。
25日は北朝鮮の朝鮮人民軍の創設記念日になっていて、今回の共同訓練には日米の連携態勢を見せることで、北朝鮮が挑発的な行動をとらないよう抑止する狙いがあると見られます。

訓練参加の護衛艦は艦隊の中核
今回の日米共同訓練に参加する「あしがら」と「さみだれ」の2隻は、海上自衛隊の護衛艦隊で中核を担っている艦艇です。
このうち「あしがら」は、海上自衛隊のイージス艦の中で最も新しい艦艇で、弾道ミサイルを迎撃する能力は今後整備されますが、艦橋にある高性能レーダーで周辺の複数の軍用機を同時に探知するなど、防空能力が高いのが特徴です。
また、「さみだれ」は潜水艦を探知して追尾できるヘリコプターを搭載するなど、水中の動きに対する監視能力にもすぐれています。
この2隻を含め海上自衛隊の艦艇は、南西諸島周辺の東シナ海や太平洋でアメリカ海軍と日常的に共同訓練を行い、作戦を有利に進めるための警戒監視の能力を高めています。
今回の共同訓練でも周辺に不審な艦艇や軍用機がいないかなど警戒監視の訓練を行って、日米の情報共有の態勢などを確認すると見られます。
海上自衛隊の幹部は「北朝鮮の軍の創設記念日を前にしたタイミングだが、どのような情勢であっても、これまで重ねてきた共同訓練をいつものように行い、それによって日米の緊密な連携を示すことが重要だと考えている」と話しています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

u0k********さん

2017/4/2318:22:32

今やっても意味はないことですよね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる