ここから本文です

古文の羅生門 羅城門についての質問です。

hit********さん

2017/4/2523:56:49

古文の羅生門 羅城門についての質問です。

老婆は盗人の問いかけに、おのれが〜助けたまへと答えましたが、その中の かくて置きたてまつりたるなり。 とはどういう意味ですか?

老婆は、誰が、何を、ここに置いているのだと言ったのでしょうか?

閲覧数:
483
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kot********さん

2017/4/2620:56:07

ご質問の該当部分をもう少し長く引用します。

原文:おのれが主(あるじ)にておはしましつる人の失せ給へるを、あつかふ人のなければ、かくて置き奉りたるなり。

訳文:私の主人だった姫君がお亡くなりになって、葬ってくれる人もいないので、ここに置いているんだ。

ということで、老婆が、自分の主人の姫君の死体を、ここに置いていると言ったのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる