ここから本文です

Si (シリコン)が半導体の材料に使われる理由をわかりやすく(易しく)説明してくださ...

アバター

ID非公開さん

2017/5/320:41:42

Si (シリコン)が半導体の材料に使われる理由をわかりやすく(易しく)説明してください。

閲覧数:
1,467
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

por********さん

2017/5/321:52:06

単一の(1種類の)元素で出来た物の方が作るのが簡単
(高い純度にし易い)。
単一の元素の中で、
人が生息する環境(温度、圧力、酸素や塩素などの濃度、
水蒸気などの濃度、などなど)付近において、
手の届く(作ることができる)純度の範囲で、
扱い易い電圧の範囲で半導体の性質がある、
ものを探したらシリコンだった。

もっと簡単に言えば、大勢の人が欲や好奇心に駆られて
探しまくり、競争しまくった結果、
取りあえず現状(ほんの僅かな期間かもしれないが)
1位を獲得しているのがシリコンである。

アバター

質問した人からのコメント

2017/5/5 07:53:24

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

compressorさん

2017/5/321:57:23

ケイ素(シリコン)は電気を流したり流さなかったりを人間が操りやすい物質です
こういう物質を半導体といいます。
金属なんかだと電気はガンガン流れる、逆に非金属だとほとんど流れなかったりする

流そうと思えば電気流せるし 流さないと思えば電気流さなくできる
これがシリコンのいいところです
電気の流す 流さないを利用すると暗号が作れます
電流流れる 流れる 流れる →このパターンを「おはよう」の意味だと決める
電流流ない 流れない 流れない →このパターンを「こんにち」の意味だと決める
モールス信号みたいなものですね
電気のオンオフに意味づけしてやればコンピュータになります

さらに、半導体をうまく使えば電流を増幅させることもできます
便利なのです

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる