ここから本文です

陰陽師というゲームで座敷童子と青行灯どちらの方がPT的に適していますか? 今...

rio********さん

2017/5/410:53:55

陰陽師というゲームで座敷童子と青行灯どちらの方がPT的に適していますか?

今は、
・姑獲鳥(状態異常)
・吸血姫(反撃)
・椒図(鬼火)
・座敷童子(無し)
・恵比寿(反射)⇔夜叉(反撃)⇔般若

(反撃)
※括弧内は4セット御霊の特性
のパーティーを組んでいます。

座敷童子の方が鬼火が安定するかなと思って青行灯ではなく座敷童子を使っていたのですが、青行灯も覚醒すれば鬼火獲得の機会が増えると知り、青行灯に変えようか悩んでいます。
どちらの方がPT的に最適でしょうか?
ちなみに青行灯には反撃御霊をつけてライフリンクで鬼火を獲得する予定です。
また、座敷童子はスキル1があと2lv、スキル2があと1lvでスキルカンストします。

閲覧数:
464
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lat********さん

2017/5/418:55:10

各式神の素早さ次第になりますが、仮に椒図や恵比寿等の素早さが高くライフリンクと鯉のぼりを即座に張って、反撃による攻撃や姑獲鳥の協力攻撃&デバフのリターンを得る戦法であれば青行燈の方が防御的で耐えられますので、より長期的な戦いに持ち込みやすいかと思います。
特に青行燈の鬼火吸収が発動すれば相手が通常攻撃を強いられる形になりますので恵比寿による回復も、一層効果的になるかと考えられます。

逆に開幕、姑獲鳥の攻撃で相手のデバフを取って行動を制限しながらライフリンクや鯉のぼりを準備するのであれば、仮に1順で全てを整えようとすると鬼火を8つ消費する形となりますのでこの場合は、青行燈の吸収を期待するより座敷童子を用いた方が安定して回せるかと思います。

青行燈の場合、座敷童子と違って100%鬼火の効果が発動する訳ではありませんので運用する場合「鬼火を増やす役割」として使うよりかは「相手の鬼火を減らして行動を制限する役割」として考えた方がいいかもしれません。

反撃を持たせた場合はライフリンク等との相性は良いですので、あとは他の式の役割や鬼火消費の具合で運用手段を判断して頂ければと思います。

質問した人からのコメント

2017/5/9 23:33:38

詳しくアドバイス下さりありがとうございます!戦い方によるんですね…。
青行灯を使って、一度教えていただいた通りに戦ってみたいと思います!
それからどちらをメインPTにするか考えていきます!
ご回答ありがとうございました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる