ここから本文です

あなたのおすすめの小説を教えてください ミステリー系が好きです。

grz********さん

2017/5/418:21:29

あなたのおすすめの小説を教えてください

ミステリー系が好きです。

閲覧数:
68
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2017/5/419:59:25

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎に迫ります。

北山猛邦さんの「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)
絶海の孤島に建つアリス・ミラー城。。何人かの探偵がこの城に招かれます。彼らへの依頼は、城のどこかに隠された鏡、アリス・ミラーを探し出すこと。ところが、探偵たちは一人また一人と殺されていき・・・・・・

東野圭吾さんの「悪意」(講談社文庫)
人気作家が殺され、犯人はあっけなくつかまります。犯人は犯行は自供しますが、動機に関してはけっして語ろうとしません。そのかわり、犯行に関する手記を書きます。担当の加賀刑事は、その手記に興味を持ち、犯人の秘められた真の動機に迫っていきます。

井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社文庫)
ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった醜い男、鈴木誠。彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。はたして、その行き先に待っているものは?


城平京さんの「名探偵に薔薇を」(創元推理文庫)
マスコミ各社に届けられた、創作童話「メルヘン小人地獄」。残忍なその内容をなぞるかのように、次々と殺人事件が起こります。事件の真相に立ち向かう名探偵の推理は?

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yum********さん

2017/5/420:21:03

伊坂幸太郎さん

“アヒルと鴨のコインロッカー”

アパートの不思議な隣人との関係、
2年前の事件が交錯してお話が進みます。
その繋がりとは?

“ゴールデンスランバー”

首相暗殺犯にされた青年が、
友人たちの協力で逃走します。
数人の関係者の視点でお話が進みます。

どちらも、殺人が起きて犯人捜し、
というお話ではないですが、
ミステリーです。

未読でよろしければ。

fmv********さん

2017/5/419:02:09

では、ミステリーを三作品。

●岡田秀文「黒龍荘の惨劇」
明治二十六年、役所勤めの杉山潤之助は、
旧友の月輪龍太郎が始めた探偵事務所を訪れる。
そこへ山縣有朋の陰の側近と噂される
大物・漆原安之丞の秘書・魚住が現れ、
漆原が首のない死体で発見されたことを語り、その調査を依頼する。
事件現場の大邸宅・黒龍荘に赴いた月輪と杉山は
黒龍荘に泊まり込んで事件の背景を探ろうとするが、
事件は不気味なわらべ唄になぞらえた陰惨な連続殺人に発展していく。

明治を舞台としたミステリーですが、
取っつきやすく読み易いです。
探偵の月輪が初登場する
シリーズ第一弾は「伊藤博文邸の怪事件」ですが、
この作品から読むことをお薦めします。
理由は「伊藤博文邸~」を読めばわかるのですが・・

この作品では、探偵の月輪は相次ぐ惨劇を食い止められず、
推理は最後まで外し、とことん苦戦を強いられます。
手ごわい相手で読み応えがあります。


●小島正樹「武家屋敷の殺人」
弁護士の川路は、孤児院育ちの美女、静内瑞希という人物から
自分の生家を探してほしいという依頼を受ける。
その手掛かりが彼女が捨てられていたときに添えられていた
二つの書類で、同じ人物が書いたと思われる手紙と日記だった。

その日記の内容が何とも異様で、
自分の妹が才藤という人物を殺してしまい、
その事実を隠蔽するため氷室に死体を隠すというもので、
氷室の様々な条件から死体は腐らずミイラ化し、
その頃から、死体は確かに氷室にあるはずなのに
ミイラ化したはずの才藤を度々街で見かけるようになり、
兄の怯えた様子が紹介されてます・・

その後も、塀が血を流している、庭の木が一夜にして枯れる、
人が降ってきた、壁の色が真っ白になって次の日には元に戻っていた、
床がケタケタ笑うなど、どんどんまともでない内容になっていきます。

しかし、川路に協力した友人の那珂邦彦は
この日記の内容は実際にあったことと言い放ち、
この謎を割とあっさり解いて瑞希の生家を突き止めます・・

ですが、ここからが本番で、
死体の瞬間移動、死体消失、武家屋敷での殺人、
と、謎解きはまだまだ続きます。

小島正樹さんは一貫してお薦めしてきました。
とにかく謎やトリックてんこ盛りの作品。
終盤は怒涛のどんでん返しの連続です。


●青崎有吾「体育館の殺人」
風が丘高校の旧体育館で、放送部部長の少年が何者かに刺殺される。
放課直後で激しい雨が降り、現場は密室状態。
早めに授業が終わり現場体育館にいた唯一の人物、
女子卓球部の部長の犯行だと警察は決めてかかるが・・
死体発見現場に居合わせ捜査に当たった袴田刑事の妹でもある
卓球部員・柚乃は、尊敬する卓球部部長の嫌疑を晴らすため、
学内随一の天才でありながら学校の構内に暮らし、
変人のアニメオタクでもある裏染天馬に真相の解明を頼むが・・

第22回鮎川哲也賞受賞作。
とにかくキャラクターが面白いですが、
本格ミステリーとしてもレベルが高いです。
探偵役の裏染は論理的に容疑者を絞り込んでいきます。
創元推理文庫版は「読者への挑戦」が追加されてて、
エラリークイーンの作品のようですね。

次回作の「水族館の殺人」も同様の作品で、
やはり裏染は容疑者を論理的に絞り込んでいきます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる